Pocket

こんにちは 荒蒔です。

インスリンの注射をする時に、毎度針を変えると考えますか?

しかし、針を変えれば、同じ注射を別患者に

使用しても良いのでしょうか?

注射器本体は、利用しきりの物、有効期限内で

あれば繰り返し使用可能なものなど、

多くの種類がありますが、すべて同じような要因で、

使用される患者様専門の物であるとされております。

皮膚をつまんだ圧で血液がカートリッジまで逆流するなど、

カートリッジ内のインシュリンが血液汚染されてしまう事を

想定して、注射器本体の利用し回しも禁止されています。

インシュリンのペン型注射器は正常に使用した事例は、

注射液(血液)が逆流しないように注意です。

薬品によっては、何度も同じ容器から、薬剤を使用するケースがあります。

それは当然感染防止のひとつです。

個人用のインスリンではなく病院で、使用しているものなどもその一つです。

毎度、注射の針だけではなく、注射器自体使い捨てになっていて、

同じ注射器、針は同じ患者さんであろうと使用しませんし、

容器のふたはゴム官になっており、使用するごとに消毒しています。

このように、病院側はコストをかけたくありません。

また、感染性の事故を起してはならないと言った、

両方うまくするには、今後の課題かと思います。

インスリン自己注射ガイド – 日本糖尿病協会