Pocket

こんにちは 荒蒔です。

『メタボ』なんて痛い言葉なんだ!?

私の年齢でも、『健康』はもちろんのこと、

気になってしまします(笑)

メタボとは、内臓脂肪の蓄積によりインスリンの働きが低下し、

糖の代謝や脂質の代謝に異常をおこしたり、

高血圧による動脈硬化の危ういなどが一人に集積している様子です。

昨日、『名医とつながる!たけしの家庭の医学』で、

『キクイモ』という食べ物がご紹介されていました。

その健康効果は、健康診断などでひっかかる人も多い「中性脂肪」

を減らすことができると言う番組の特集です。

キクイモには、『イヌリン』という成分があり、

腸内環境を整える事で消化器官が活発になり、

便秘の落着にも繋がり、

善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

しかも、余分な脂肪を溜め込まず、

カロリーの摂り過ぎを防ぎ、中性脂肪の減少を働きかけます。

菊芋の驚くべき影響とは!?芋と言えば

ジャガイモやサツマイモ、サトイモと言ったものを、

思い浮かべるでしょう。

しかし、キクイモにはデンプンを全く含んでいないため、

低カロリーなのもうれしい材料です。

キクイモを購入してみたい方はこちら⇒ https://goo.gl/Mrk5v7

けれどもこのキクイモ。

八百屋やスーパーではあまり見かけませんよね?

食物繊維は腸の働きを良くするという事でも知られていますが、

他にもてイヌリンは腸内でオリゴ糖に移ろい、

善玉菌と呼ばれるビフィズス菌の餌となり、

腸内の代謝を活発にし、腸の働きを促進させる成果もあるのです。

イヌリンを取りたければ、タマネギ・ニラ・ニン ニク・ゴボウなど

身近な食品に含まれているに多く内蔵されている成分です。

脂肪に効く食品達脂肪に効く食品といっても、

代謝をあげる、燃焼に影響がある、脂肪を分解する、と多彩です。

その他にも、様々な食べ物があります。

スポンサーリンク

●レバー(豚・牛)

脂肪代謝促進&脂肪の蓄積防止レバーには、

多くのビタミンB2が内蔵されています。

ビタミンB2は脂肪燃焼ビタミンとも言われており、

脂肪の代謝を促進する働きと脂肪を蓄積しにくくし、

それ以外にも、肌荒れやにきびの改善、貧血阻止に影響があります。

●とうがらし

脂肪分解促進とうがらしの辛味成分のカプサイシンは、

脂肪分解を促進する作働きがあり、脂肪を燃やしてくれます。

それ以外、体を暖める働きもあるので、冷えの改善、血行促進、

新陳代謝促進、発汗促進などにも影響があります。

多く内蔵されるものとしては、七味唐辛子、キムチ、

タバスコなどがありますが過剰にとると、

胃腸などに負担が必要になるので、

自身の状況にあわせて食べるようにしてください。

●赤身の牛肉

脂肪燃焼促進牛肉には、アミノ酸の一種である

Lカルニチンが豊富で、これは脂肪燃焼を促進する働きがあります。

運動前に接種すると、運動した事例の脂肪燃焼影響を

促進する影響が見込みできます。

他に、貧血の改善や血中脂質の改善などにも成果があります。

それ以外、ジンギスカンにも多く内蔵されています。

ただし、カロリーは少なくないので、量のコントロールは必須です。

●ゴーヤ

脂肪分解・燃焼を促進して、脂肪の蓄積防止ゴーヤの種に

内蔵される共益リノール酸は、脂肪分解酵素のリパーゼを

活性化する働きがあるのですが、

脂肪分解・脂肪燃焼を促進し、

体脂肪の蓄積を防止してくれる働きもあります。

それ以外胃を健康にも役立ちます。

けれども、これは種のところに多く内蔵されているので、

種ごと食べるのがあるべき姿です。

ゴーヤ茶は種ごと焙煎されているので、

種の成分も接種可能なためお勧めです。

●しょうが

脂肪の分解の促進&脂肪の蓄積阻止しょうがに、

内蔵されているショウガオール・シンゲロールには、

脂肪分解を促進する働きがあり、

あわせて脂肪の蓄積を防ぐ働きもあります。

しかも、合わせてインシュリン感受性を高めて

血糖値の低下や高血圧の改善、血中脂質の低下

などの成果があります。

●えのきだけ

脂肪吸収の抑制エビやカニの殻に内蔵されているキトサンですが、

きのこにも内蔵されており、キノコキトサンと言います。

特にえのきだけは含有力が高く、脂肪の吸収を抑制してくれます。

それ以外、食物繊維が便通の改善やコレステロールの低下、

デトックス影響なども望みできます。

●コーヒー

脂肪燃焼を促進コーヒーに内蔵されるカフェインは、

脂肪の燃焼を促進する働きがあります。

ただし、それだけで燃焼するわけではなく、

運動による燃焼成果を促進するので、ご用心を。

それ以外、利尿作用、覚醒作用、

倦怠感の改善などの影響もあるので、

自らのお願いする瞬間で飲むのがよいようです。

●椎茸

糖質や脂肪の代謝を促進血中コレステロールを下げるエリタニチン、

がん細胞の増殖を食い止めるレンチナンなどの他、

ビタミンB1、B2、カリウムを多く含むため、

糖質や脂質の代謝を高める成果があります。

更に、低カロリーのヘルシー食料品なので、

大いに使用やりたい食品です。

いずれにしても、食べ過ぎてはいけません。

食べる量を考えて、食べましょうね。