Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

まだ夏本番ではないですが、温度差が激しいですね。

あなたは、気づかない所で、脱水症状になっていませんか?

脱水症は、ある程度進行しないと、症状のでないやっかいな病気です。

脱水症になりかけているのに、本人や周囲の人がそれに気がつかないため、

対策がなされていない状態を、かくれ脱水といいます。

それでは、どのような事で、注意していけばよいのでしょうか?

確認していきましょう。

あなたは大丈夫ですか?かくれ脱水症状

かくれ脱水の症状

関連画像

かくれ脱水が続くと、本当の脱水症となり、熱中症へと進んでしまうので、

十分な配慮と注意が必要です。

夏バテも、発汗や食欲不振で体液が減少する事で、

消化管への血流が不足し、消化吸収がうまくできず、

栄養摂取が不足して、疲れやすくなります。

しかも、消化器の血液量が減る事で食欲も落ち、

なお、栄養が足りなくなったり、食物から取れる水分や、

電解質が不足し、体の中の水分が減少します。

他にも、脱水症状が進行する、危険な状態になりますのでご注意下さい。

かく脱水症がおこるのは、炎天下での行動だけではありません。

室内や夜間、運転中などにもおこりやすいので、注意が必要です。

毎年、住宅にいるお年寄りが、脱水症状から熱中症をおこし、

病院へ搬送されるというニュースがでますが、特にマンションなどの室内は、

気密性がよいため、反対に風通しが悪く、汗が蒸発しにくいため、

体温が下がりにくくなるのです。

そして、日中の太陽によって、コンクリートが熱を吸収し、

それが夜になって徐々に内側にも放熱されるため、夜になっても、

室温が下がりにくくなっています。

運転中では、運転に熱中するあまり、水分をとるのを控えたり、

洗面所に行く回数を減らすために、水分摂取を制限したり、

窓をしめてエアコンをつけるため、風通しが悪く、

汗が蒸発しにくいため体温も上がりがちです。

さらに、脱水症状は、真夏の暑いタイミングにおこりやすいという印象ですが、

実のところでは、秋から真冬にかけて、風邪などの感染症による発熱や、

下痢などにより体液が失われておこる事もあります。

脱水症状にならないために日常生活で気をつけること

関連画像

脱水症状にならないために、普段暮らしで気をつける事で、

かくれ脱水にならないためには、水分不足をに防ぎ、体温を一定に、

キープするようにする事が重要です。

それ故には、室内にいても、

◎からだを冷やすものを食べる

◎エアコンを程よくに使用し、なおかつ扇風機などで室内の風を動かす

◎蒸発させるために、汗をかく・汗の吸収がよく、通気性のよい衣装を心がける

◎睡眠不足にならないよう、質の良い睡眠を心がける

◎水だけでなく、スポーツドリンクや経口補水液を飲む

◎お風呂に入る前に、水を飲む

など、日頃から習性づけるようにしましょう。

脱水症状の見分け方

関連画像

小さなお子様や高齢者の方は、脱水症をおこしやすいものです。

小さなお子様の場合

・飲食の量が落ちたり
・機嫌が悪かったり
・笑わなくなったり

したら、脱水症状になっているかもしれません。

声をかけて、確認いたしましょう

高齢者の方の場合

・食欲の低下
・微熱
・口や脇の下が乾燥している
・たくさんな苦痛を訴える
・居眠りしがち
・指先が冷たく青白い
・暑いのに汗をかかない
・寝ている間に、足がつってしまう

などが見られたら、脱水症状の、一歩手前かもしれません。

脱水かな?と思ったら、ちょっとずつでも良いので。スポーツドリンクや

経口補水液を飲ませましょう。

なお、経口補水液をおいしい!と飲むようなら、脱水の見込み大なので、

十分な水分補給をするようにしましょう。

皆様も、かくれ脱水症状に、ご注意ください。