Pocket

こんにちは、荒蒔です。

もう4月です。早いもんですね。

さぁ、とても暖かくなり、お出かけしたい気分ですね。

しかし、ご注意して下さい!!『マダニ』に!!!

マダニとは、大型のダニの仲間で、

大抵山林などの野外に生息しています。

私たちがダニと聞いて、

家などにいるダニのイメージがあると思いますが、

家のダニとは、生態が全く異なります。

住宅ダニが顕微鏡で見なければ見極めできない大きさなのに対し、

マダニは肉眼でも十分見定めできるな程大きく(2~3mm程度)、

ほ乳類やは虫類の生き血を餌にしています。

吸血後のマダニは3倍程度に膨らむため、

肉眼でも、明確に検証する事ができるのです。

その上、住宅ダニは角質や食べこぼし、ホコリの中の養分、

汗や唾液や皮脂を養分にしているため、

この両者は、同じダニの仲間でも生物分類上は、

かなり大きな異なる点があるという事になります。

家屋ダニも、アレルギー性疾患のきっかけ物質として、マダニは、

住宅ダニ以上に危険だと言われております。

また、毎年マダニやその仲間である、ツツガムシなどの、

トラブルによって命を落とすことがあります。

マダニの生態マダニを含めた、ダニの仲間は昆虫よりも、

クモやサソリに近い仲間になります。

したがって足は8本という事になりますね。

餌は、大抵ほ乳類やは虫類などの生き血で、

大きさはダニの種類によって、

まちまちですが、マダニの事例、いつもで2~3mm程度で、

吸血後は3倍以上に膨れ上がるため、

肉眼でも十分検証する事ができるです。

家屋ダニと異なる点いつもは、山林や湿地帯などわりと、

湿気の高い箇所の草むらに生息しています。

宿主に寄生するときには、草むらの葉っぱの先端に潜み、

付近を通った動物がその草に触れた瞬間に乗り移ります。

一度寄生したマダニは、1週間以上宿主の血を吸い続け、

その後一時的にその宿主から離れ休眠し、

その上他の宿主を探します。

これを一生のうちに三回リピートするといわれています。

三度目の吸血のときに成熟したマダニは交尾を行い繁殖します。

マダニの生息地ダニの仲間は、

湿気の多々ある箇所を好むという点で共通しています。

したがってマダニのような、外ダニの時は、

森林や草むら、湿地帯、水田などが主な生息地となります。

いつもは植物の木の葉の先端に潜んいて、

付近を動物が通って、

マダニが潜む、葉っぱに触れた機会で寄生します。

マダニはほ乳類やは虫類の生き血を餌にして生息していますが、

血を吸う時には吸っている血が固まってしまわないように、

血小板の働きを鈍らせる成分を分泌します。

マダニは1週間以上も血を吸い続けるため、

血小板の働きを鈍らせる成分も、

その期間中常に体内に注入され続ける事になり、

寄生された宿主では体内の血小板数が少なくなり、

多彩な不調を覚えるようになり、

最悪の時死に到る場合もあるのです。

このような症状を来す病気を、

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」といいます。

マダニが大量生じて、マダニによるトラブル報告が増えるのは、

だいたい春先から秋の行楽季節にかけてです。

マダニに特に配慮が、必要なのが薄着で屋外に出る事が多くなり、

長いお休みから真夏にかけてという事になります。

しかし、一月に山口県でマダニによる感染症で死亡した事例が、

大きく報道されました。

これで、わかるように、一年中マダニは生息していると

考えられますね。

マダニも住宅ダニと同じく、春先から秋口にかけて、

大量生じてする季節と捉えられていますが、

いまだにその生態には謎なところも多く、

マダニが生息している、

山林や湿地帯に出かけるときには、

軽装など肌の露出の多々ある格好では、

出かけない事が大切です。

特に下半身は半ズボンで、素足にサンダルというのは、

すぐに、マダニに取りつかれやすい格好ですからNGです。

ゴム製の長靴など、マダニが取りつきにくい靴に、

長ズボンの裾を充分にと、

長靴の中に入れるか、裾が絞れるタイプのズボンにして、

十分なマダニ対策を施しましょう。

もし、マダニに刺されたら、

マダニは目視可能な程度の大きさですから、

仮にマダニを見つけたら、直ちに病院にいって、

除去してもらいましょう。

この時、自身で取り除くのは必ずにNGです!

無理やり、マダニを引き抜こうとしたら、マダニの一部が、

体内に残ってしまったり、マダニが持っている病原菌などが、

他の部位に付着して感染を広げてしまう可能性があります。

くれぐれも、自己決断で除去しようとせずに、

医療機関に、適切な処置を受けるようにしましょう。

くれぐれも、出かけるときはご注意して下さい。