Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

感染症は、いつ起こるかわかりません。

注意していきましょう。

今日のテーマは、こどもに多いのどの病気 「溶連菌感染症」です。

それでは、参りましょう。

こどもに多いのどの病気です 溶連菌感染症

スポンサーリンク

溶連菌感染症

「溶連菌感染症 のど」の画像検索結果

こちらは、タイトルにも書いたありますように、こどもに多い、のどの病気です。

『大人だから大丈夫だろ?』と思ってはいけません。感染する恐れがあります。

あなたのお子さまが、「のどが痛い」という時、その大部分は、ウイルスや細菌に感染して、

“のど”に炎症を起こしている状態です。その多くはウイルスによります。

細菌では、怖い、リウマチ熱、急性糸球体腎炎などを、引き起こす溶連菌が重要で、

この細菌による感染症は、こどもに多い病気です。

溶連菌感染症てどんな病気?

関連画像

溶連菌とは、正式には、溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、

α溶血とβ溶血を示す2種類があります。

後者で、人に病原性を有するものは、A群、B群、C群、G群などです。

主に“のど”に感染して、咽頭炎(いんとうえん)扁桃炎(へんとうえん)、そ

れに、小さく紅い発疹が症状として出る、猩紅熱(しょうこうねつ)

といった病気を、引き起こします。

“のど(咽頭・扁桃)”に感染する病原体は、いろいろなウイルスや細菌があります。

細菌では、溶連菌が代表的ですが、ほかに、肺炎球菌インフルエンザ菌

(インフルエンザとは関係ありません)といったものがあります。

溶連菌感染症の症状は?

「いちご舌 イラスト」の画像検索結果

症状の代表的なものは、発熱(38〜39℃)と“のど”の痛みです。

しかし、3歳未満ではあまり熱があがらないと言われています。

そして、体や手足に小さくて紅い発疹が出たり、舌に、イチゴのような、

ツブツブができたりします。イチゴ舌と言い、確認してみて下さいね。

そのほかに頭痛、腹痛、首すじのリンパ節の腫れもみられます。

急性期を過ぎますと、発疹のあとには、落屑(皮むけ)が認められるようになります。

風邪と違って、咳や鼻水が出ないというのもこの病気の特徴です。この病気には、

潜伏期間があり、実際に感染してからだいたい2〜5日で症状がでます。

治すには、お薬を飲み続けましょう。

関連画像

溶連菌の感染とわかれば、熱やのどの痛みといった症状をやわらげるお薬のほかに、

抗菌薬が出されます。抗菌薬は、病気の原因になっている

溶連菌を退治する、大変重要なお薬です。

お薬を飲み始めると、2〜3日で熱が下がり、のどの痛みもやわらいできます。

確実に溶連菌を退治し、重大な続発症(合併症)を引き起こさないために、

症状が消えても抗菌薬は、しばらく飲み続けなくてはいけません。

一部の抗菌薬以外は、5~10日間飲み続ける必要があると言われていますので、

医師の処方どおりに、最後まで飲ませることが大切です。

家の中で注意すること!!

「注意 看護師」の画像検索結果

溶連菌感染症は、繰り返しかかることもあります。初めにもお伝へしましたが、

大人になってもかかります。溶連菌感染症の症状としては、咳や鼻水がありませんが、

日常生活の中で出る咳やくしゃみなどによって近くの人に、

感染(飛沫感染)することがあります。

また、溶連菌に汚染された食品が原因のこともあります。

一人がかかったら家族、特に一緒に遊んでいる、兄弟への感染に注意が必要です。

食べさせて良いもの・悪いもの。

食べて良いもの・悪いものがあります。もちろん“のど”に刺激を与えるものです。

炭酸水の飲料などは、飲ませないよう注意しましょう。

食べさせて良いもの・・○

1)のどごしが良いもの

ゼリー・ヨーグルト・ババロア・プリン・ポタージュスープなど

2)消化のよいもの

お粥・パン粥・煮込みうどん

煮た野菜(ほうれんそう・にんじん・大根・じゃがいも、など)

豆腐・茶碗蒸し・白身の魚など

食べさせて悪いもの・・☓

熱すぎるもの・冷たすぎるもの・辛いもの・すっぱいもの・にがいもの

元気に遊べるようになると、お子さんもご家族も、もう安心と思いがちです。

しかし、続発症(合併症)や再発のおそれがありますので、抗菌薬は、

医師が指示した期間中、しっかりと飲むように、注意して下さい。