Pocket

こんにちは、荒蒔です。

皆様、新生活どうですか?

緊張の日々が続いてると思います。

「早めにベッドに入ってもわりと寝付けない…」

「眠れなくてついついスマートフォンをいじってしまう…」

このような状態になっていませんか?

これは睡眠状態に入るまでの段階までに、

どのように過ごしたらよいでしょうか?

本日は、その解決方法5つご紹介いたします。

うまく寝付けない原因の一つとして、

『脳とボディーが睡眠に適した状況になっていない』

という事なのです。

以前私はブログで、良い睡眠についてご紹介いたしました。

皆様!?良い睡眠をとりましょう

こちらの記事も読んで、

より理解を深めていただいたら、幸いです。

それでは、ご紹介いたします。

1)寝室・ベッド周囲の環境最初にベッドの周囲に、

  寝室から、眠りにつくのに、妨げになるような物を、

  置くのはやめましょう。

散らかっていたり、乱雑な光景が目に入ってくると、

無意識に脳はそのパターンを分析し開始出来ます。

そうすると脳が活発になってしまい、目が冴えてしまうのです。

文字情報のある本やポスターなどは、

視野に入らないように整頓しましょう。

他にも余分なものを置かない事で、開放感が生まれ、

いこいしやすいという影響になります。

2)ベッドや内装の配置をアイデアして、

  開放感のある個室を心掛けましょう。

就寝前後の照明寝室の照明は、

眠りにつく事において、肝心な要素です。

自然な睡眠を促すための、ホルモンである「メラトニン」は、

蛍光灯の光によって分泌が抑制されてしまいます。

それにより、ベッドルームの照明には、

白熱灯やオフホワイトの照明が適していると言われています。

他にも就寝直前まで、個室が明るいままである事も、

メラトニンの分泌を抑制してしまうため、

就寝前は、個室を薄暗くする事をお勧めします。

テレビやPC、携帯電話などの強い明かりも同じくです。

眠れないからといって電子機器の画面を見ていると、

メラトニンが十分に分泌されず、

不必要に眠れなくなってしまいます。

耳に入ってくる音普通に「音」は入眠の障害になってしまいます。

とりわけ時計の針の音などの規則的な音は、

不規則な音よりも、眠りにつけなくなってしまいます。

3)住居の外から入ってくる騒音にも配慮しましょう。

対策としては、音をさえぎるか、そもそも出さない事です。

さえぎる方法としては、時計をデジタル時計に変更したり、

騒音を防ぐため、防音性の高いカーテンにするのも1つの手です。

さらに個人差もありますが、音楽を聴きながら眠るという方法も、

試してみてはどうでしょうか。

インストゥルメンタルや、自然の環境音などを録音した、

ヒーリング・ミュージックなどが、

入眠時に憩い可能なという人も多々あるようです。

4)体温を上げておく

人間の1日の体温移り変わりにはリズムがあります。

一般的には、朝目覚めるわずか前から体温は上昇し開始出来、

夕方から夜にかけて最高となります。

それから徐々に、体温が下がっていって睡眠に入ると、

早朝6時くらいまでにかけて最も低下していきます。

そのために、

人為的に体温を上げておけば、入眠までの時間が短縮されます。

体温を上げるテクニックとしては、

「ぬるめのお湯で入浴する」

「ストレッチなどの軽い運動をする」

などが挙げられます。

しかし、過度にボディーを温めるほどの激しい運動では、

交感神経が刺激されて反対に目が冴えてしまうので、

手の平や足の裏が温かくなるくらいで、止めておきましょう。

5)適度な瞬間で、食事を摂る

食事をして、満腹になると眠くなります。

スムーズに眠りに入れるという点では、

食べてもうに寝てしまう、

そのような経験は誰にもあるのではないでしょうか。

けれども就寝前に、飲食物を大量にとるのは、

あまりお勧めできません。

食事によって摂取された、

炭水化物や糖分などは、ブドウ糖に移り変わりをし、

血液を通って脳内に届きます。

このブドウ糖によって、

刺激された脳は、レプチンやコレシストキニンなど

といった物質を放出し、

これらの物質の働きによって満腹感が得られます。

満腹感により体が息抜きした気分になり、

それにより副交感神経が優位になり眠くなるのです。

けれどもその後、消化器官に入ってきたばかりの食べ物を、

消化するためには、消化器官が働かなければなりません。

そんな訳で本格的に寝入ってしまうと、

十分な消化活動を行う事ができないため、

消化不良や胃もたれのきっかけとなってしまいます。

これを防ぐためには、少なくとも就寝の3〜4時前には、

食事を済ませておく事が必要です。

整理以上、入眠を心地よいにする秘訣を5つご解説しました。

程よくで気持ちが良いな睡眠は、日中に活発に働いた脳と体にとって、

必要不可欠な休息です。

新生活なれないことが、多いかも知れませんが、

良い睡眠をとって、頑張っていきましょう。

看護師さんに喜ばれている枕をご紹介いたします。

 

この枕は、看護師さんの中でも人気商品です。

ずっと同じ枕を使っていたのですが、首が痛く買い換え改善されました。

また、最初は、低くて柔らかいので、慣れなかったですが、

安眠枕にして、グッスリと寝てるのに気づきました。

睡眠時間が長くなりました。など初めに使うには、少し抵抗があるそうです。

デメリットとして、

枕の高さが自分には合わず、高さが低くなり、段々と首と肩&背中が痛くなってきました。

と合うあわないがあるそうです。枕て難しいですね。と感じました。