Pocket

こんにちは 荒蒔です。

顔や口をぺろぺろ舐めてくる猫は、現実にかわいらしいですよね。

ちよっと待って下さい。あなたが買っている猫大丈夫ですか?

2016年に野良猫にえさやりをしていた60歳代の女が、

呼吸困難の症状を起こし、死亡するという出来事がありました。

これは、「人獣共通感染症」という感染症です。

どういうことか、詳しく見ていきましょう。

ぺろぺろ舐めてくる ペットによる4つの感染病!?

猫から感染『コリネバクテリウム・ウルセランス』

関連画像

ある女性は、野良猫にえさやりを行なっており、

猫から『コリネバクテリウム・ウルセランス』

が感染したと考えられます。

この菌はジフテリアという病を起こす『ジフテリア菌』の仲間です。

腎臓、脳、眼の結膜・中耳などがおかされることもあり、

犬や猫からも検知された報告があり、人への感染源になっている見込みがあると言われています。

猫がぺろぺろ舐めてくる、猫も犬と同じくに社会性の高い動物です。

その上、猫の口の周囲や顎、耳の付け根には、アポクリン腺という汗の1種を分泌するところがあります。

このところの匂いを嗅いだり、舐めたりする事で縄張りをアピールしたり、

仲間同士の挨拶をすると言われています。

飼い主を仲間と思う事で挨拶としてぺろぺろ舐めてくるのでしょう。

猫の心情人獣共通感染症とは、人の感染症はおよそ1500あると言われています。

ただしその二分の一以上が普通人以外の動物を、宿主としている病原体と言われています。

こうして人以外の動物に普通はいるはずの病原体が、

人に感染して病を起こす感染症の事を「ズーノーシス」と呼び、

日本語では「人畜共通感染症」あるいは、「人獣共通感染症」と呼びます。

コリネバクテリウム・ウルセランスも人獣共通感染症の一つです。

また、猫のぺろぺろ舐めて、

見込みのある病猫のキスで感染する確率のある感染症として、

代表的なものは、パスツレラ菌です。

人への感染は世界的に認められますが、特にペットの飼育が盛んな先進国で頻度が高い病です。

人間には噛まれたところの化膿性の炎症や、重篤な時は敗血症を起こします。

健康な猫でも爪や口の中にこの菌が生息しており、

噛んだり引っ掻いたりする事で感染してしまいます。

動物では症状を起こさない事例が多々あるですが、

まれに肺炎を起こす事があります。

このように、犬や猫がぺろぺろしてきて可愛らしいのですが、

いつ感染しているかわかりません。

その他にもペットによる感染症の病気

ペットから感染症がうつるのは、体液に触れたときのほか、

身体に触れたりなでたりしたとき、噛まれたとき、引っかかれたときがあります。

幼い子ども、高齢者のほか、免疫力が落ちた人は、とくに注意が必要です。

猫ひっかき病

関連画像

あなたは、猫に、ひっかかれたことありますか?

この感染症は、バルトネラ・ヘンセラエによる病気です。

猫からうつります。感染した猫にひっかれた時に、感染されます。

動物収容所の30~40%が、

猫ひっかき病による発熱が、起きたことがあるという記録があるそうです。

免疫力が落ちた人は特にリスクは高くなります。

1歳未満の子猫を引き取ることは延期した方がよいそう。

そうした子猫は感染の可能性が高いからです。

猫にひっかかれたときには、傷口をすぐに洗うことが大切です。

感染性した、猫は通常、何ら症状を現しません。

ですが、ときに発熱が見られることもあります。

まれに、呼吸困難、嘔吐、リンパ節の腫れのほか、目を赤くしたり、

食欲不振となったりすることもあります。

猫ひっかき病という名前ですが、犬がかかることもあります。

発熱、不整脈、心臓の炎症(心内膜炎)を起こすことがあります。

人の症状は、猫ひっかき病は、発熱や、リンパ節の腫れの見られ、

子どもから感染する場合もあります。

カンピロバクター感染症

カンピロバクターあまり聞いたことは、ありませんよね。

カンピロバクターとは、

下痢を引き起こす、細菌感染症の原因の中では、国内トップと推定されています。

または調理不十分な鳥肉から、感染する場合が多いのです。

また、ペットからうつることもあります。

カンピロバクター感染症は、カンピロバクター菌の仲間が感染することで起こる病気です。

糞便が口に入って感染して、健康な人でも、胃腸の症状を現します。

感染を受けた人が、まだ小さかったり、高齢だったり、

免疫力が落ちていたりする場合には、症状は重くなる可能性があります。

ですから、毎回しつこく言ってますが、やはり、手を洗うことが大切

特に、動物の糞便に触れたときには、手を洗いましょう。

ペットの症状として、6か月未満の子犬でよく見られます。

発熱、嘔吐、リンパ節の腫れが、犬で見られる症状です。

人の症状として、重い血便がよく見られるほか、

発熱、胃腸のけいれんも、症状としては、多くなります。

マイコバクテリウム・マリナム感染症

関連画像

ここまで毛を持ったペットをご紹介いたしましたが、

うろこを持つペットから病気がうつることもあるのです。

それは、金魚や鯉の水槽で飼うペットです。

マイコバクテリウム・マリナム感染症は、魚の水槽で増えて、人にうつることがあります

手袋をせずに、魚の水槽に、手を突っ込んだ人に感染することがよくあります。

例えば、水槽を掃除したときです。

魚を水槽から上げて、水槽を掃除するときには、手袋をすることが大切です。

人の症状として、赤く腫れたり、手や指に痛みが現れたりします。

腕に広がることも。症状としては、微熱が起こることもあります。