Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

皆さまは、ドラマ「コードブルー」を知っていますか?

このドラマを見て、

看護師さんに、なった方もいると思います。

そこで、いつも出てくるのは、ドクターヘリ。

救急の患者の為に、ヘリに乗って現場に向かう姿は、

やっぱり、かっこいいですよね。

そのドクターヘリで、

働いている看護師さんのことを、フライナースと言います。

本日は、フライナースについて、お話します。

みんなが憧れるフライトナースとは?

スポンサーリンク

そもそもフライナースてなに?

「ナース ヘリ」の画像検索結果"

ドクターヘリ(救急医療用ヘリ)は、95年に起きた、

阪神淡路大震災での影響で、災害医療の見直しで、誕生しました。

現場までの、短縮で済むので、適切な処置を、行う事ができます。

そのため、救命率の向上や、後遺症の軽減にも、

高い効果が得られ、生産性が高まります。

その、ドクターヘリに乗って、

医師と共に患者の命を救うのが、フライトナースです。

ドクターヘリに乗って、

医療が行えるのは、ドクターとナースの2名だけです。

消防からの必要な時には、わずかな情報しか入ってきません。

症状を予測し、適切な判断と、素早い処置が要求されます。

ドクターヘリに乗るのは、フライトナースです。

飛行機に乗って、対応するのは、

エスコートナース・アテンドナースと呼ばれます。

エスコートナース・アテンドナースともに、仕事内容が変わってきます。

空で、活躍する看護師さんにも、

このように、様々な、お仕事があります。

取得しておくべき3つの資格

現在、フライトナースになる為の資格はありません。

しかし、取得しておくべき、3つの資格があります。

・BLS(一次救命処置)・・・呼吸が止まり、心臓も動いていないと、

見られる人の救命へのチャンスを維持するため、特殊な器具や、

医薬品を用いずに行う救命処置であり、胸骨圧迫と人工呼吸からなる、

心肺蘇生法(CPR)、そしてAEDの使用を主な内容です。
関連資料:一次救命処置(BLS)の手順
・ACLS(二次救命処置)・・・病院など設備の整った環境で、

広範な患者に対して、有資格者が行う救命処置です。

 この意味で、現場に居合わせた人が、行う一次救命処置と異なります。

 二次救命処置の代表格は、二次心肺蘇生法(ACLS)です。
・J-PTEC ・・・救急救命士などが受講する、

        病院前での外傷教育プログラムです。

以上の3つがフライトナースとなる上で、取得しておくべき資格になります。

これ以外にも、医療無線の資格を取るナースもいます。

関連資料:ドクターヘリ導入促進事業に係る無線の使用について

フライトナースになるには

「悩み  看護師」の画像検索結果"

それでは、実際の所、

フライトナースになるには、どうすればよいのでしょうか。

まず、フライトナースは、正看護師でないとなれません。

今のところ、フライトナースとなる為の資格は、必要ありません。

取得しておくべき資格は上の資格です。

また、病院によって、条件は様々です。

1分1秒を争う現場で、適切な判断と対応が求められます。

なので、相応の経験がある人が求められます。

フライトナースになるうえで気をつける事

「気をつけること 看護師」の画像検索結果"

実際に、フライトナースとなった時に、

気をつけるべき事が、3つあります。

それは、

・スピード

・気配り

・体調管理

この、3つです。

スピードは、1分1秒を争う現場なので、迅速な対応が求められます。

例えば、ヘリから患者のいる現場まで、

向かう時間をなるべく短縮できるように、

ドクターバックの中身で、

不必要なものがないか常に、チェックします。

次に、気配りです。ドクターヘリに、同乗する家族の不安や、

恐怖心を取り除いてあげる、気配りが必要です。

最後に、体調管理。

ヘリには、トイレがありません。

なので、搭乗する前には、飲物を避けます。

また、万が一の場合を考え、普段から食生活には、

気をつけて、体調を、万全にしていないといけません。

まとめ

いかがでしたか?

看護師さんには、

色々な、仕事があるのがわかります。

ドラマにあこがれて、

フライトナースを目指す方は、頑張ってください。