Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

病院内では、針の事故は、常に起きています。

以前ブログで予防・対策をお伝えいたしました。

関連記事

看護師さんによる 針刺し事故の予防と対処方法

やってしまった!!針刺し事故!?原因と予防と対策

もし、万が一あなたが、針刺し事故を起こした場合、どうしたらいいと思いますか?

若干、対処方法と被る部分もあるかもしれませんが、

本日は、針刺し事故を起こした場合、どのような行動を取れば良いのか?

述べていきたいと思います。

もし、針刺し事故を起こしたときどうするの?

針刺し事故忙しい時こそ整理整頓&焦らない!

看護師が針刺し事故を予防するには、焦らずに、整理整頓を行うことです。

特に、忙しい時こそ、整理整頓を心がけてください。

と言われましても・・・・忙しくてできないという方も、いるかもしれませんね。

忙しい時は、どうしても整理整頓を後回しにしまいがちです。

処置台の上がゴチャゴチャしていたり、トレーの上がゴミでいっぱいだったり。

そうすると、使用済みの針をどこに置いたのか、トレーの中に置いたのか、

床頭台の上に置いたのかわからなくなってしまいます。

使用済みの針は、速やかに針捨て容器に捨てるべきなのですが、

忙しいとそんなことは後回しにして、

とりあえずトレーの上に置いて置けばいいか?と思ってしまいます。

しかし、

その上から、ガーゼやら、点滴ルートの包装のゴミやらを

載せていくと、どうなるでしょうか?

トレーの上に使用済みの針を置いておいたことを忘れてしまって、

仕事がひと段落した時に、トレーのゴミを片付けようとして、

ゴミの下にある針でブスッと刺してしまうことがあります。

また、忙しい時に焦ってしまうと、

注意力がおろそかになってしまい、針刺しをする可能性があります。

また、周囲の人に針刺し事故を起こしてしまうかもしれません。

特に、手術室の器械出しの看護師さんは要注意です。

忙しい時に焦ると、医師に器械類を手渡す時、受け取る時に、

針刺し事故を起こしやすくなります。

そのため、忙しい時こそ深呼吸をして落ち着いて、

針刺し事故を起こさないようにしてください。

忙しい時には、整理整頓をすることと焦らないことが大切です。

もう一度確認!!針刺し事故を起こした時の対処法

「針刺し事故  対処法」の画像検索結果

看護師さんが針刺し事故を起こしてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

もう、習ったことがある看護師さんでも、もう一度確認しておきましょう。

針刺し事故を起こしてしまったら、まずは3つのことを行うようにしましょう。

針刺し事故の対処法1=まずは落ち着くこと

針刺し事故の対処法の1つ目は、落ち着くことです。

針刺し事故を起こしてしまった場合、

「どうしよう・・・」とパニックになると思います。

「どうしよう?ヤバイ、ヤバイ!HIV?私、HIVに感染しちゃうの?」

と1人でアタフタしてしまいますよね。

特に、新人看護師さんは、はじめてのことだらけで、大パニックになってしまいます。

針刺し事故を起こして、パニックになるのも分かりますが、まずは落ち着きましょう。

アタフタしていても、感染を防ぐことはできません。

針刺し事故を起こしたら、深呼吸をして、冷静に頭の中を切り替えて、

「どうしよう?」ではなく「これからどうすべきか?」という思考回路

に変えるように心がけましょう。

針刺し事故の対処法2=まずは、流水で洗い流す

針刺しをしてしまたら、急いで流水で洗い流しましょう。

針刺しをしてしまった部位は、おそらく指先だと思います。

石鹸と流水で、指先の傷口から血を絞り出すようにして手を洗いながら、

ウイルスを体外へ洗い流すようにしましょう。

ここで、しっかりと洗い流しておけば、もし患者さんが何らかの感染症を持っていても、

感染するリスクが低くなります。

針刺し事故の対処法3=看護師長にすぐに報告

針刺し事故を起こして、指先を洗い流したら、すぐに、看護師長に報告しましょう。

看護師長に報告して、医師を交えて、患者さんの感染症の有無や、

予防抗体の有無などを踏まえて、今後どうすべきなのかを早急に決める必要があります。

患者さんが、HIVであれば、

できるだけ早く、1~2時間以内に、予防を始めなければいけません。

患者がHBVの場合は、あなたのHBs抗原・抗体を検査して、

どちらも陰性なら、できるだけ早く、抗HBsヒト免疫グロブリンというものを、

投与しなければいけません。

針刺し事故を起こしてしまった場合は、時間との勝負になります。

すぐに流水で洗い流し、看護師長に速やかに報告することが、

針刺し事故での、感染の確率を下げることになります。

ですから、「あ、針刺ししちゃった。後で報告すれば良いか」と思わずに、

落ち着く→洗い流す→看護師長に報告する

この流れを、速やかに行うようにして、頭の中に常に入れておきましょう。

関連資料 針刺し対応マニュアル