Pocket

こんにちは 荒蒔です。

医療廃棄物の分別にこのような質問がありました。

1医療従事者が鼻をかんだチリ紙

2オフィス勤務の方のマスクや鼻をかんだチリ紙

3患者さんのベットサイドのティッシュの空き箱や

患者さんのベットサイドの手袋の空き箱

4患者さんの使っていた吸い飲み

5採血の時に針ポイBOXを持っていきますが、針は針ポイBOXへ、

シリンジ(注射器の筒)は膿盆(のうぼん:ソラマメ型をした皿のこと)

へおき詰め所の結局は感染性廃棄物(鋭利)へ処理しています

→針とシリンジを分ける場合に、暴露の危険性を考慮すると一通り

針ポイBOXへ入れるべきでしょうか?

針ポイBOXがすぐにいっぱいになるからそのような手段を

とっております。

6生食の溶解キット(注射剤の溶解希釈剤)の分別→

バイアル(ガラス製の小瓶。特に、薬剤を入れます)は

感染性廃棄物へ→生食の溶解キットは非感染性廃棄物へ

廃棄しているのですが、バイアルを刺すところが鋭利なので

感染性廃棄物(鋭利)でしょうか?と言うご質問です。

正解は・・・

1、蓋つきビニール袋入りのゴミ箱へ焼却ゴミとして

2、3は、一般ゴミとし焼却ゴミへ

4、消毒してからの、再使用

5、6は、ずべて、感染症廃棄物入れます。

このように、分別がわかっているようでわかっていない?

又は、医療現場で、自分では判断できない

ということはあると思います。

感染性廃棄物の保管容れ物には、マークが付けられており、

感染性廃棄物を保管している事を明確に示せるように

なっています。

器に表示するマーク(バイオハザードマーク)感染性廃棄物の

処理 容れ物に表示するバイオハザードマークの色感染性廃

棄物を保管する専門の容れ物には、結びつき者が感染性廃

棄物である事を識別可能なようマーク等を表示します。

詳細な中身は環境省が公表している「

廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル」

で検証する事ができます。

参照:廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル

分別排出・保管医療係り機構等から現れてする廃棄物は、

感染性廃棄物とそれ以外の廃棄物に区分られます。

加えて事故防止のため、作業員は作業中、ゴム手袋や

プラスチック製の手袋、エプロン、維持メガネなどの

維持具を着用する事がお薦めされています。

産業廃棄物収集運搬業の許可では排出ビジネス者より

委託を受けて収集運搬をする事はできませんので

配慮が不可欠です。

感染性廃棄物の処理方法|器に表示するバイオハ

ザードマークの色など、細かいところまで調査し着手する

前に知っておきたい手間なくな大筋感染性廃棄物の処理

メソッドについての文章感染性廃棄物とは、

医療係り組織等から生じ、人が感染し、若しくは感染する

おそれのある病原体が内蔵され、若しくは付着している

廃棄物又はこれらのおそれのある廃棄物の事をいいます。

・保管位置には、見やすい所に感染性廃棄物の保管

場所である事の表示と、

取扱いの用心事項を記載します。

施設内での保管・感染性廃棄物の保管は、極力短期間とします。

焼却や溶融処理の他、高圧蒸気減菌装置(オートクレーブ)を用いた減菌、

乾熱減菌装置を用いた減菌、消毒といった方法があります。

・関連者以外は立ち入れないように配慮し、

感染性廃棄物は、他の廃棄物と区別して、保管しなければなりません。

運搬の委託は、感染性廃棄物を取り扱える、プロの

管理産業廃棄物の、

収集運搬業許可を取得している

ビジネス者へ行わなければなりません。

・液状のもの又は泥状のもの(血液など)・・・赤色

・固形状のもの(ガーゼなど)・・・橙色

・鋭利なもの(注射針、ガラス管など)・・・黄色

感染性廃棄物の運搬感染性廃棄物の、

収集運搬車両屋上の付いた車や、

保冷パフォーマンス感染性廃棄物を運搬するときは、

専門の保管器をデフォルト運搬車両に積み込みます。

施設内の移し変え感染性廃棄物の移し変えのときは、

置き換え中に中身物が飛散、流出しないように器にふ

たをし、移し変えさせます。

感染性廃棄物とそれ以外の廃棄物は分別して排出、処理

を行います。

そして、感染性廃棄物は最終処分場に埋め立てる事ができません。

このテキストでは、感染性廃棄物の処理技術や処理の流れ

について、詳細に調べる前に知っておきたい、

簡単になあらましについてお伝えしていきます。

感染性廃棄物の処分感染性廃棄物を処分するケースは、

専門の保管容れ物ごと処理施設に投下し、

焼却又は溶融処理を行います。

運搬車両は、感染性廃棄物が外部に飛散、流出しないよう、

屋上の付いたワンボックスタイプのものや保冷働きの付いた

ものを使用します。

感染性廃棄物は専門の保管容れ物に直接投下し、

一定量になったら密閉して定められた保管ところへ運び、

保管します。マークは識別しやすい全国共通のものが望ましいため、

バイオハザードマークを付ける事がお薦めされています。

バイオハザードマークは、関連者が廃棄物の種類を判別可能なように

するため、性状に応じて色分けが行われています。

誤解を懸念ずに手間なくに申し上げますと、医療組織などから現れて

した血液など、人が感染するおそれのある廃棄物の事です。