Pocket

こんにちは 荒蒔です。

今回は『感染』の意味もちなんで、インフルエンザについてです。

最近

『インフルエンザの流行広がる 今季初の注意報レベルに』

と言ったニュースがありました。

患者数は10週連続で増加。全国の推計患者数は約66万人で、

前週から2倍近く増え、全都道府県で前週を上回り、

28都道県で注意報レベルを超えております。

フレッシュな人や体力がある人なら、市販の風邪薬で

治る事もありますが、2~3日しても治らない

場合には受診しましょう。

その後、「咳、のどの苦しみ、鼻水」などのほか、

人によっては「吐き気や腹痛、めまい」などを起こす

事もあります。それだけに突然高熱が出て、だるさや

頭痛、関節痛などがみられたら、早めに受診しましょう。

しかも48時以内なら、インフルエンザに有効な薬もあります。

副作用の少ない薬ですが、人によって吐き気、下痢などが

みられる事もあるので、医者や薬剤師からよく話を聞い

た上で使用しましょう。

また、『隠れインフルエンザ』をご存知ですか?

増加の傾向があり、発見が遅れて知らない間に他人にうつし

てしまうケースが増えています。

隠れインフルエンザとは、

インフルエンザの特徴である40度前後の高熱が出ないで

微熱程度の発熱のため、気付かないまま症状が進行し、

人によっては肺炎を合併するケースもあります。

熱を出してウイルスを殺す生体防衛反応が弱くなった

高齢者に多いです。

風邪の症状は、

「咳、くしゃみ、鼻水、のどの痛さ、痰」などと、

「38℃以下の発熱」が中心です。

風邪と症状が似ていても、インフルエンザの時には

市販の風邪薬では相当治りません。

インフルエンザかわかるには、病院へ行くと

見立てキット(迅速所見法)

によって15分から30分ほどでわかります。

熱を下げようと、解熱鎮痛薬を続けて飲むと、

胃痛などを起こす事にもなりかねません。

そこで予防法ですが、

1.『部屋の湿度を50~55%に維持する』

その理由として、湿度20%の乾燥状態の場合には、

ウイルス生存率は60%と高いが、

50~55%だと3~5%にまで低下します。

2.『お茶でうがいをする』

お茶に含まれるカテキンは抗ウイルス作用があります。

3.『歯磨きをコマメに行う』

口腔ケアによって、ウイルスを増殖させる

口の中の菌を、殺す作用がある。

4.『マスクの内側に、湿らせたガーゼなどを当てておく』

と、一層阻止影響が高くなります。

このように、ウイルスの侵入をさせない対策を取り、

予防するよう心がけましょう。

また、ネットで調べたことを医師に言うのではなく、

素直に、医師の言うことを聞い入れましょうね。