Pocket

こんにちは 荒蒔です。

インフルエンザ皆様かかっていませんか?

今、本当に流行していますよね。

かかっていて、このブログを読んでる方もいるかもしれません。

インフルエンザの時期になると、

小学校の学級閉鎖をはじめ、

幼稚園、保育園などでの休園が多くなります。

だからといって、会社にお勤めの方は、

職場への出勤停止措置などはあります。

でも、

「会社はどれほどの期間休んだらいいの?」

「学校はいつから行けるの?」

「だれが学級閉鎖を決めてるの?」

などの疑問を持っている方も多いと思います。

インフルエンザの感染経路として、

普通に飛沫感染が考えられます。

飛沫感染とは、感染した人が咳やくしゃみをする事で、

ウイルスが空気中に飛散し、

そのウイルスを吸い込む事で感染するものです。

『1回の咳で約10万個のウイルスが飛散する』

と言われています。

飛沫感染の時は、

感染者から1〜1.5m以内にいると、感染が起こります。

そのほか、インフルエンザウイルスは、

接触感染や空気感染でも感染いたします。

インフルエンザは、色々な感染経路がありますので、

ちゃんとと阻止対策を取る事が必要となります。

インフルエンザに感染した人は、くしゃみや咳によって、

インフルエンザウイルスを空気中に出して、

その事が感染を広げるきっかけとなっていますが、

感染者は、いつからいつまで、

インフルエンザウイルスを排菌しているのでしょうか?

基本インフルエンザウイルスの排菌期間は、

発症1日前から発症後5〜7日までと言われております。

つまり、この期間は人にウイルスを、

うつしてしまう確率があるという事です。

特に、発症即日から5日間は排菌量も多く、

感染力が強い事がわかっています。

それにより、インフルエンザを発症したら、

発症後最低5日間は、医療機構受診などの必要な事以外は、

できるだけ外出を避け、健康な人との接触するのを

最低限にしなければいけません。

インフルエンザでの学校や園の出席停止期間は、

感染力が強く、感染者の1〜1.5m以内にいると感染する

見込みが高いため、学校で感染が広がる事例が多いです。

だから、感染拡大を防ぐために、インフルエンザは、

学校保健安心法で第2種感染症に定められていて、

インフルエンザに感染した場合、出席停止の措置が取られます。

インフルエンザでの出席停止の期間は、学校の場合

「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」

幼稚園や保育園の場合は

「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後3日を経過するまで」

とされています。

これは、排菌期間を考慮した上で決められた出席停止期間です。

発症後5日間は、最も排菌量が多く、感染力が強い事に加えて、

熱が下がると共に感染力が弱まる事もわかっていますので、

こういった出席停止の期間となっています。

学校保健確か法により定められていますが、

社会人の出勤停止は決められているのでしょうか?

現時点では、企業の出勤停止期間は、

学校のように法律で定められていません。

ただし、インフルエンザに感染した状態で無理に出勤すると、

企業内でインフルエンザの集団感染を引き起こす事になります。

それにより、法律では決められていないものの、

感染拡大を防ぐためには、学校での出席停止期間と同じく

「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」

が出勤停止とするのが適していると言えます。

ただ、インフルエンザにかかったときの措置は、

各会社によって違いますので、

インフルエンザと見立てされた時は会社に連絡し、

どんな感じで対処すべきか、

いつまで出勤停止なのかを検証してください。

出席停止・出勤停止期間が終わり、

学校や会社へ行く事ができても、

完璧に排菌していないとは限りません。

咳などの症状が続いている場合は、

他者へ感染させる確率がありますので、

感染を広げないためにも、自身が咳やくしゃみをする時に、

周囲の人に感染させないためのマナーを身につけましょう。

まずは、咳が出ている間は、きちんとマスクを着用しましょう。

鼻とマスクの間に空きあったり、あごが出ていると、

マスク着用の意味がないので、マスクは正しく使用してください。

他にも、くしゃみや咳をする時は、周囲の人から離れたり、

顔を背けるなどの工夫も必要です。

マスクをしていない時は、

ティッシュや袖口で口と鼻を覆うようにしましょう。

『インフルエンザだけど仕事が?』と思う方も多いかもしれません。

しかし、最低限のマナーを守ることがやはり大切です。

かかっている際は、体を休め、完治するようにしましょう。