Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

インフルエンザとお聞きして、

どうしても、冬の時期というイメージがあります。

しかし、インフルエンザは、1年中なる病気とご存知でしたか?

1度ブログでもお伝えしましたが、

9月に公立小学校で、

都内では、インフルエンザによる学級閉鎖がありました。

関連記事:9月なのにインフルエンザで学級閉鎖!!

最先端の研究によると、インフルエンザは、

湿度が高くても、感染力は変わらないという報告があります。

どのようなことか?見ていきましょう。

インフルエンザは、 一年中かかります

インフルエンザは、一年中起こります

ほかにも、幼稚園、小中学校でも、学級閉鎖があり、

インフルエンザは全国に広がっている模様です。

今年は、去年に比べて、2、3ヵ月流行が早まっています。

とあるクリニックでも、9月中旬と10月1日に、ひとりずつ、

インフルエンザの患者が出たようです。早いですよね。

インフルエンザは、気温と湿度が低い真冬の病で、湿度が高いと、

ウイルスの感染力は下がると、今まで言われてきました。

しかし、最新の研究によりますと、

湿度が23%、33%、43%、55%、75%、85%、98%

の7段階でも、感染力は弱まらなかったそうです。

それにより、インフルエンザは、空気が乾燥した真冬の病気ではなく、

一年中、いつかかっても、おかしくない病気といえますよね。

ただ、真夏に流行らないのは、湿度が高いと人の喉にある、線毛が活発に動いて、

インフルエンザウイルスが入ってきても、体の外に出してくれるからです。

また本年、インフルエンザには、もうひとつの新しい事実がわかりました。

最新の研究では、インフルエンザの患者142人から呼気(吐く息)を集めて、

分析したところ、咳やくしゃみをしていない患者さんでも、

約48%の方が、インフルエンザウイルスに、感染していたことがわかりました。

ほぼ、半分てことですよね。

今までは、インフルエンザは、咳やくしゃみによる飛沫(ひまつ)感染や、

接触感染によって感染するという考えでした。

しかし、最近では、

本当は、インフルエンザが、空気感染しているのではないか

とも言われております。

インフルエンザは接触感染もあるため、空気感染は低い

「インフルエンザは、 一年中かかります」の画像検索結果

飛行機の中に、ひとりのインフルエンザ患者がいて、その周囲の人だけでなく、

遠く離れた席の人にも、感染したという報告があります。

その一方で、手洗いのドアなどでの、

接触感染もあるため、空気感染は低いと思われいました。

現在まで、インフルエンザは、真冬の病気と思われていたので、

この時期に、高熱が出て病院に行っても、

医者も患者もインフルエンザだとは、誰も思わなかったそうです。

とある病院で、9月来た患者さんが、高熱が出たので、

診断したところ、副鼻腔炎(ふくびくうえん)だと言われたそうです。

以前、副鼻腔炎になった事があるからです。

その上、炎症を抑える薬をもらいましたが、1週間たっても、

まだ38〜39℃の熱があったまま。

そこでまた、良く調べたところ、インフルエンザをこじらせて、

すでに肺炎になっていました。怖いですよね。

もうひとりの患者さんも、熱が出たので、病院に行ったら『風邪です』と言われて、

解熱剤と抗生物質をもらいましたが、効果はなく、まだ熱が下がらなかったので、

インフルエンザの検査をしたら、陽性でした。

このように、秋に、インフルエンザが流行っております。

秋でも、帰ってきたら、手洗いうがいはきちんと行いましょう。

また、マスクも忘れずに。