Pocket

こんにちは、荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

本日は、クリニックで働いている看護師さんについてです。

病院とクリニックの違いてなんだろう?

と素朴な疑問を感じ、このテーマにしました。

皆さんも、思いではないでしょうか?

クリニックに、転職を考えている方は、ぜひ読んでみて下さいね。

早速参りましょう。

クリニックで働く看護師のメリットとは?

クリニックでの仕事内容・役割

「クリニック 看護師」の画像検索結果

クリニックは救急外来がありません。

入院施設も整っていないため、外来診療が中心になります。

看護師さんの業務は、医師の診療補助が中心で、

診療を受けるまえの問診や、バイタルの測定に始まり、

検査の解説や治療の補助、採血、注射、点滴の応対など、

一般的な内科で、行われる多くの診療に関わります。

他にも、クリニックによっては心電図の測定、

レントゲン画像の現像といった、業務が加わります。

なお、医療器具の洗浄や消毒、薬品や備品・器具の発注、

診察室の清掃まで、スタッフの数が限定しれている分、

一人で、広範な業務をこなす必要があります。

受付担当がいない極小規模のクリニックの場合は、

患者の受付けや呼び出し、電話応対まで行う場合もあります。

国公立や大学病院、総合病院では考えりられない守備範囲ですが、

医者とちゃんとタッグを組んで診療が行える事や、

自分の手の届く範囲で、病(患者)と向き合った看護が可能な事、

他にも何より地域の人々に、愛される看護師になれる事は、

ほかの職場では、得がたいクリニックならではと言えるでしょう。

クリニックで働くメリット・デメリット

「クリニック 看護師」の画像検索結果

診察時が平日に限定しれているクリニックが多く、

土日に診療していても、昼だけという時があらかたです。

このため、看護師の求人も日勤が、ほとんどで、

病院のような夜勤をする必要がありません。

普通には入院患者もおりませんので、ナースコールで、

すぐに呼ばれることも、応対もありません。

患者が多いと診療時が延びるため、少々の残業は、あるかもしれませんが、

勤務時が日中に、限定されている点は、

クリニック勤務は、最大のメリットです。

午前と午後で診療を区切り、昼休みが整然と確保されている事や、

休診日がそのまま休日になる事から、不規則な暮らしになりがちな、

看護師の業務でも、ワークライフバランスの確保が実現できます。

一方、看護師の人数が少ない事から、前述のように、

多様な職務をこなす事が求められますので、不得意の分類がある、

場合は改善が求められるかもしれません。

さらに、大病院と違い、代わりになる看護師がいませんから、

本人の具合管理もちゃんとする必要があります。

医者や看護師、スタッフとの相性が良くないと、

業務に影響が出ますので、人間関係の重要性は、ほかの施設よりも、

必要になる事もあります。

他にも、クリニックを開業した医者は、大きな病院で働く医者に比較し、

独自のスタイルにこだわる傾向にあります。

このあたりの事は頭の隅に入れておきましょう。

社会保険や福利厚生の面では、大病院に比べると、少々待遇が、

劣ってしまう場合もあります。

保障の充実を希望する人は、大規模な病院を選んだほうが良さそうです。

こんな方におすすめ

クリニックによって異なりますが、クリニックで働く良い面は、

何といっても、プライベートが持てるということです。

夜勤がなく、残業も少なめ。

クリニックによっては、お盆や正月に、

長期休暇が取れるところもあります。

しかも、専門専門に特化して、知識や経験を積みたいという、

看護師さんから、ブランクからの復帰を検討している看護師さんまで、

いろいろなニーズに、こたえられる職場でもあります。

1.仕事とプライベートを両立したい方

2.専門分野の知識を身につけたい方

3.地域に根ざした看護を実現したい方

4.自分が主体となって働きたい方

このような方に、オススメします。

転職サイトも載せておきますので、ご利用ください。

私は、転職する看護師さんを応援いたします。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営 

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】