Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

クリニックは日勤の職場が多く、

看護師の仕事としては一見かなり楽なように感じられます。

半面、クリニックならではの職場環境もあり、

クリニックを辞めたくなる看護師もいるようです。

看護師がクリニックを辞めたくなる理由としては、

どのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

クリニックを辞めたい・・・看護師さんへ

「辞めたい・・・ 女性」の画像検索結果"

職場の人間関係

クリニックの仕事そのものには、満足していても、

人間関係の難しさで、辞めたくなる看護師さんは、多いですよね。

大病院とは違い、異動もなく、スタッフの数も限られるのが、クリニックです。

一緒に、働く顔ぶれが、常に同じです。

それだけ、関係性が濃くなるため、

一度、感情がこじれると、修復が難しくなります

少人数での作業では、気に入らないことがあると、

相手に伝わりやすく、嫌な雰囲気になることもあります。

また、うまくコミュニケーションが取れなくなると、疑問があっても、

聞くことができず、業務がうまく進められなくなってしまいます。

人数が少ないだけに、他の人に頼ることもできず、孤独感が、深まっていく場合もあります。

院長がワンマン経営

クリニック勤務の看護師の体験談の中には、

医師の仕事の仕方に、疑問をもつ場合が、少なくありません

問診票をまったく見ずに診察し、何度も同じことを患者に尋ねたり、

既往歴・内服・アレルギーなどを把握しないまま、

患者とちぐはぐの、会話をしているそうです。

また、個人経営のクリニックでは、院長や医師がワンマンで、

気分によって、看護師さんを、動かすということもよくあるようです。

大規模な病院のように、パワハラや苦情を伝える窓口も存在しません。

なので、労働組合もないクリニックでは、このように院長や、

医師に不満があっても、辞めるか?我慢するしか?ありません。

業務内容が多すぎる

「クリニック勤務は夜勤がないから楽」

「小さいクリニックだから業務が少ない」と思い込んで就職し、

思いがけず、多忙を極める毎日に、戸惑うケースもあります。

看護師の不足は、全国で、7割の医療機関が訴えており、

規模の大小にかかわらず、人手が足りていません

大規模な病院と違い、院内の清掃まで、

看護師の業務となっているクリニックも、多いのが事実です。

雑用と通常業務が重なり、結局、残業ばかりしている、看護師さんが多いです。

「クリニックよりも、普通の病院勤務の方が、給料の高い分良かった」

と本音の部分も聞かれます。

いくら夜勤がなくても、サービス残業ばかり続けば、

辞めたくなっても、何の不思議もありません。

クリニックの看護師が忙しいのはなぜ?

「忙しい 看護師」の画像検索結果"

辞めたい理由の中には、クリニックの「多忙さ」を挙げる声が多く聞かれます。

クリニック勤務の看護師の忙しさには、クリニックの立地や経営方針が関連しています。

業務に対して看護師の人数が足りてない

正社員の看護師を雇うと、経済的な負担が大きくなるため、

あえて、パートでしのいでいるという、クリニックは、少なくありません

午前・午後ともに、2~3名の看護師を、配置しているクリニックが多いです。

その中で、パートなどの時短勤務の看護師がいると、途中で退勤してしまいます。

そうすると、夕方の患者が、多い時間帯を、

残された看護師1~2名で、切り盛りしなければなりません

後片付けや書類の整備、診療の準備なども、

診療外の時間で処理しなければならず、

フルタイムで働く、看護師の業務負担が増加します。

周囲にクリニックが少ない

暇なクリニックも問題ですが、

患者数が多すぎるというのも、看護師に、とっては悩みです。

周囲に病院やクリニックが少なく、

高齢者の患者が多いとなると、診察にも時間がかかります。

クリニックのさばける、キャパシティを超えた患者が押し寄せると、

看護師は、患者一人ひとり向き合う、

時間が少なくなり、余裕のない状態になってしまいます。

長時間待たされる、

患者からのクレームが多くなり、精神的な苦痛も多いです。

そうしたクリニックに勤務すると、午前中の診察時間を、

大幅に超えてしまい、午後の診療の準備に時間を取られて、

ランチ抜き…辛いですよね。

予約制に変えるなどの対策が、

行われない場合には、いつまでたっても状況は、改善しません。

まとめ

いかがでしたか?

クリニックは、やることが少なく、楽そうと思っていませんでしたか?

でも、どんな仕事でも、楽なことはありませんので、

頑張っていきましょう。

電子書籍:看護師さんのための電子書籍

メルマガ:看護師さのための日刊メルマガ