Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

コロナウイルスで、7割の病院が赤字経営となっております

病院経営の深刻な状況や、医師・医療従事者の労働環境に、

さまざまな問題がでております

本日は、病院による、赤字経営の実態についてお話します

コロナ禍で7割の病院が赤字経営 医療崩壊の危機

 

スポンサーリンク

他の国に比べて病院数、病床数が多い

試用期間」って何?転職希望の看護師の不安・疑問を6項目で徹底解消!

日本の医療費が、高騰していることは、よく知られています。

しかし、他の国とは、どうでしょうか?

経済協力開発機構(OECD)の主要国と、

人口あたりの病院数と病床数を比較すると、

先進国の中で、最も高いレベルにあることがわかります。

これは国民、誰でも受けられますが、

コロナの影響で、現在のコストがとても多いです。

特に総合病院の数が目立ち、医療システムが、十分に機能的に、

差別化されていないことを、示している可能性があります。

病床数が多いと入居率は低下します。

日本の医療では急性期、回復期、

治療期の区別が、曖昧であり、

これまで、維持できたと考えられます。

入院期間が長いです。

また、ベッド1台あたりの、医師数も日本で最も少なく、

医師の労働量の増加や、

患者一人ひとりのリソース不足により、

医師にとっても、患者にとってもマイナスです。

手術を延期せざるをえない

院内感染で手術が延期 がん患者の家族「病状悪化に不安」 | NHKニュース

医療法によると、病床数に応じて、

必要な人数を割り当てる、必要があります。

コロナ病棟が開院すると、通常は、土壇場で人事制度が運用されているため、

麻酔科医が集中治療室に動員され、

期待通りの手術が、できない病院もあると言われています。

整形外科や眼科などの、

良性疾患の手術は、長い間待たれることがよくあります。

地方の国立病院では、白内障などの緊急性の低い手術が、

半年以上延期されており、現在はがんの手術のみが、サポートされています。

また、同じ癌の場合、一部の前立腺癌などの、

比較的成長の遅い疾患は、手術の優先順位を、下げる傾向があります。

もちろん、生命に直結する救急疾患や、

緊急性の高い症例の手術も行っていますが、できる回数は限られています。

病院が手術を行わない場合もありますが、

患者は、コロナ感染者を受け入れない別の病院に送られ、

外科医も転院先に行って、手術を行います。

コロナ患者の受け入れは「やればやるほど赤字が増える」

実は苦しい「コロナ下の病院経営」 赤字続出の現状と今後の見通しは? | THE OWNER

病院によっては、収容できる人数が非常に少なく、

それだけでも、莫大な経済的損害をもたらす、可能性があります。

さらに、コロナ患者の方の医療費は高くありません。

長期入院する患者さんは、病院の観点からのメリットは、あまり大きくありません。

コロナ陽性であることが、知られている患者は、

部屋を共有することができます。

しかし、他の病棟の患者から簡単に、隔離できるという理由から、

コロナ患者を個室に配置できる場所もあります。

病院の都合や医療上の理由から、個室などを使用する場合、

医療機関は差額を、患者に請求しないという規則があります。

この場合、ベッド料金が、高い病院は、

コロナ患者を受け入れることで、収入が少なくなります。

当然のことながら、コロナ病棟の医師は、その期間中、

元々所属していた、病棟や診療所に、立ち入ることは禁じられています。

それだけでなく、コロナ病棟での仕事を、

終えてから1、2週間は、基本的には、

家で待たなければならないので、

担当医である患者さんから、離れる必要があります。

コロナ病棟を、高齢者や妊婦と同居している、

従業員が担当している場合、

感染を防ぐために、自宅に戻れない場合があります。

ホテルの宿泊費を、払っている病院もあります。

これを積み上げると、とんでもない金額になります。

少数のコロナ患者だけに、貴重な労力と、医療資源を長期間費やすことは、

「経営」の面では、大きな苦痛です。

ですので、やればやるほど、赤字が増えると、頭を悩ませます。

まとめ

今回のコロナ禍は、医療界に残した爪痕は大きいです。

医療消費者の側も、単に感謝をするだけでなく、

これを機に、医療との関係性を見直す必要がありそうです

ホームページ⇒https://medical-reduce.com/ 

1300万円以上のコスト削減を実現⇒https://wp.me/PaRiIy-1f 

電子書籍2冊+無料レポートの3大特典⇒https://bit.ly/2LNKt4Q