Pocket

こんにちは 荒蒔です。

今日も朝4時に起きて、

ブラックコーヒー飲みながらブログを書いております(笑)

「黒コーヒーは体に良い」

「コーヒーのカフェインは体に悪い」など、

どっちともつかない話が飛び交っているのが“コーヒーと健康”。

本日は、その成果をご紹介いたします。

1日あたり3〜5杯のコーヒーを飲む人は、飲まない人に比較して、

期間中に死亡する危険性が15%低く、

コーヒー摂取量が最も多々ある人(5杯以上)でも12%低くなくなり、

レギュラーコーヒーだけでなく、カフェイン抜きのコーヒーであっても、

長寿に関連する事もわかりました。

朝1杯のコーヒーがもたらす6つの健康影響として、

1. 心臓血管の病や心疾患の危険性を和らげるする確率がある。

2. 脳卒中になる確率を和らげるする確率がある。

3. 肝疾患、最終的には肝臓がんの危険性を低減する確率がある。

4.  パーキンソン病(主に、手足がふるえる・動きが遅くなる

・筋肉が硬くなる

・体のバランスが悪くなるといった症状)

のような神経が収縮する疾患の危険性を和らげます。

5. 2型糖尿病(高血糖症、インスリン抵抗性、相対的インスリン不足

が、特徴の長期的代謝異常)になる危険性を低減する確率がある。

6. 全てのきっかけによる死亡率を下げる見込みがある。

という6つの健康成果を持つ事がわかりました。

カフェインの主な作用としては、覚醒作用利尿作用が、

最初に挙げられます。

それにより夜寝る前に飲むと、目が冴えて眠れなくなったり、

夜中手洗いで起きるなど、

「不眠や睡眠不足」のきっかけになります。

しかし、コーヒーを多く飲み過ぎると、胃液が分泌され過ぎて、

“胃が痛い、胃が想い悪い”などの症状を起こす事もあります。

ミルクや砂糖、生クリームなどが入ったものはNGです。

健康影響を望みするなら“コーヒーは黒で適量飲む”事が鉄則です。

1日3杯〜5杯の適量を飲むのであれば現在のところ

『コーヒーは健康によい』と言えます。

コーヒー好きの方は心配無用して

コーヒー・ヘルシーライフを送ってみてはどうでしょうか?