Pocket

こんにちは 荒蒔です。

医療廃棄物の種別は確かに医療現場では、バイオハザードマークが、

書かれた白く四角いケースに医療廃棄物を破棄いたします。

血液や体液が付着していそうであれば、何でもそこへ捨ててしまいがちですが、

実は紙おむつに関しては別の扱いが必要です。

紙おむつだけは、一類・二類などの感染症の種類によって、

感染性廃棄物としなて良いものもなのです。

医療廃棄物の処理は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」

という法律で決まっております。かんかつしているのは環境省です。

中でも血液等が付着したいわゆる医療廃棄物、

感染性のある廃棄物は、中間処理を経て、

最終処分(埋立)されることになっております。

医療機関はいつ、どこで、誰が、どう運搬や処理を行ったかを、

全て把握する義務があり、 最終処分に至るまでの費用をまとめて負担しているのです。

この費用はかなり高額になるが、医療廃棄物を排出する側として、

最後まで責任を持つ義務があるります。

医療廃棄物の処理にかかるコストと、看護師の責任感染性のある、

産業廃棄物の処理にかかるコストを試算した事例をご紹介します。

とある処理業者の価格表では、

20Lポリ容器(バイオハザードマークあるもの)の処理料金が3,000円以上です。

例えば病棟が10ある病院で、これが3日で一杯になると仮定すると、

1か月分2000Lの処理料金は最低でも、

(1病棟10個×10病棟)×3,000円=30万円 になります。

これに対して、医療関係機関から排出されても、一般廃棄物

であれば、市区町村の定めに従って、事業系ごみとして処理が

できるので、 例えば45Lで数百円程度しかかからない。

仮に上記と同じ量を処理する場合、かかる費用は2~3万円だけです。

医療施設全体から出る産業廃棄物を考えると、

病棟だけでなく外来や手術、検査室などから出る分、さらに運搬費用なども必要となり、

年間では膨大な金額を、ゴミの処分だけに支払っていることになります。

これは結局、医療関係機関の収益から支払われのいますが、

廃棄物の処理料金までは患者様にはに請求できません。

医療機関からみれば、管理も煩雑な上に、膨大な費用を出さなくてはいけません。

病院様にもの、すごいコストになります。

これが、医療廃棄物の不法投棄が無くならない原因の1つです。

医療器具や薬剤は使ったら終わりではなく、正しく処理される必要性があります。

何故なら、廃棄物による感染・汚染から、重大な問題が起こる可能性が大きいからです。

つまり医療廃棄物を出す当事者である看護師自身も、なんでもポイポイ捨てるのではなく、

感染性のあるものとそうでないものはしっかり分別する、

無駄なゴミは出さない、なるべく小さくまとめる、

薄いの箱は破いて細かくするなど、ちょっとした気遣いも必要です。

しかし、看護師様たちは、毎日忙しい日々を送っております。

どうしたら、ゴミをへらせるのだろう?

どのようにしたら病院様のコストが下がるのだろう?

私も、常日頃から考えております。