Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

接触伝染の繋がりを、取りやめるということ看護師の態度で、

感染予防策を思うときには、接触伝染が発生成分として、

①病原体

②病原体をキープする宿主

③病原体の逃げ口(基本の宿主)

④感覚を有す宿主

⑤病原体の入り口(新鮮な宿主)

⑥接触伝染コース

の6つの素子の結びつきを考えることが大切です。

スタンダードプリコーションの具体プランとは、

どのようなものか、見ていきましょう。

スタンダードプリコーションの具体プラン

『一患者一トリートメントごとの手洗い』

「手洗い」の画像検索結果

現在、明白な感染症が無いケースでも、

未知の感染症への措置として他の患者への感染経路を、

打ち切りを表こすこと で効果的であり、

同じ患者でも他の部位への交差接触伝染を防止する

目的には不可欠です。私もですが、感染性予防するため

病院で作業し終わったあと、必ず手を洗います。

患者の液体に接触する適当性がある

実践として、手袋・マスク・ゴーグル、

必須に応じてフェイスシールドや、

レインコート・衣装などを着衣するこれも等しく 、

患者から看護士(診療人)への感染経路を打ち切る影響がある。

眼球の涙腺からの接触伝染で劇症肝炎を起す

という災難もあるくらい、診療人サイドのほんの小さな始り

からも接触伝染は起り得ます。

シャープな器材などは合目的に取扱う

「器材 病院」の画像検索結果

これはいわゆる、針刺し医療事故や刃針などの

シャープな切物でのけがによる接触伝染を守るた

めに不可欠です。

スタンダードプリコーションの中には、

リキャップの禁制も含まれています。

活用したリネンや器材を十分に対処する

リネンや消費器材の十分 な廃棄や消毒・殺菌の出来事。

患者の血液や液体・排泄などで公害されたリネンが、

本人の皮膜や衣装、計らず他の患者に密着することで、

接触伝染するのを防御するため、具象プランです。

汚染されたリネンは、水溶性のランドリーバックなどに、

密封して、80℃以上の温水で、10分以上掃除する必要があります。

しかし、手間や人件費、リネン種類の消費などを、考察してか、

最近では、ディスポーザブルに、置き換わってきております。

器材についても、部分のものは使用後に、

十分な掃除・消毒・殺菌処理がなされるが、

可能な限り、ディスポーザブルを、

使用しているところが多いです。

環境のメンテナンス

「環境のメンテナンス 病院」の画像検索結果

病室・洗面所・トイレ・風呂場・処置室・汚物処理室などの、

クリーニング物品だけではなく、清掃しやすいように、整頓すること。

患者のベッド サイドで使用する機器や、

コード類も常に、整理し使用後は、清掃することを意味します。

また床は汚染環境として捉え、清潔な物品等は、

床から20㎝以上高い場所へ置く、床や壁に触れた手で、

患者の処置を行わない、なども具体策となります。

必要な件は、患者の離す明らかな感染症は無い

感染防止に対して、提携が望めない、

患者への調和として、意思られます。

例えば、知症により排泄がセーブできず、排泄でルーム全体を

汚染してしまう事例などは、他の患者への、接触伝染防止の

表すで、部屋を思考しても、良いと思います。

昔前であれば選考で、明らかな感染症がみつからなければ、

非感染として、扱っていたかもしれないですね。

しかし、今では未知の感染症に対する警備方策が世間

並みになってきている。 マニュアル上で決まっている

からではなく、なぜこの措置が不可欠です。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル