Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

皆さんは、『スタンダードプリコーション』て知っていますか?

感染症の有無にかかわらず、すべての患者様に、

適用する疾患非特異的な予防策のことを言います。

詳しく、解説していきます。

スタンダードプリコーション行う具体策とは?

スタンダードプリコーション(標準予防策)の意味

これは、病院や介護施設などで、患者様と医療従事者を、

感染事故の危険から守るためにある、標準感染予防策のことです。

それは、2つあります。

ユニバーサルプリコーションとは

スクリーニング検査をして感染症が明らかとなった患者への対応 。

スタンダードプリコーションとは

スクリーニング検査により、明らかとなる感染症のにも関わらず、

未知の感染症に対しても、予防プランを演説するという意見です。

言いかえれば、

すべての患者の血液・汗をシャットアウト・

体液(唾液・胸水・腹水・頭脳・嚢液・脊髄液 位置すべての体液)の

みならず、分泌・排泄・傷のある皮膚・粘膜など

すべて感染源とみなし、予防策を行うということです。

感染対策の基本は、連鎖を断ち切るということ

「感染 連鎖を断ち切る」の画像検索結果

感染性の基本には、

①感染させないこと

②感染しても発症させないこと

すなわち、感染制御であり、適切な予防と治療を行うことが必要です。

何を、あたりまえな事をと思いますが、

感染症は、いつ入り込むかわかりません。

そのためには、とても重要なことは?

①病原体を持ち込まない

②病原体を持ち出さない

③病原体を拡げないことが重要です。

しかし、現実問題としては、身近な問題として

捉えられていません。

スタンダードプリコーションの具体策

関連画像

スタンダードプリコーションの具体策は、6つあります。

それぞれ、見ていきましょう。

1.患者様1人1人処置ごとの手洗い

明らかな感染症が無い場合でも、未知の感染症への対策として、

他の患者への、感染経路を断つ意味で有効であり、

同じ患者でも、他の部位への交差感染を予防するためには必要です。

2.使用したリネンや器材を適切に処理する

リネンや、使用器材の適切な廃棄や消毒・滅菌のことです。

患者の血液や体液・排泄物などで汚染されたリネンが、

自分の皮膚や衣類、あるいは他の患者に付着することで、

感染するのを防ぐための具体策です。

汚染されたリネンは、水溶性のランドリーバックなどに密封して、

80℃以上の温水で、10分以上洗浄する必要があります。

しかし手間や人件費、リネン類の消耗などを考慮してか、

最近では、使い捨てに、置き換わってきています。

器材についても、一部のものは使用後に、

適切な洗浄・消毒・滅菌処理がなされるが、

可能な限り使い捨てを使用しているところが多いです。

3.環境の整備

病室・洗面所・トイレ・浴室・処置室・汚物処理室などの、清掃だけではありません。

清掃しやすいように、整頓すること、患者のベッドサイドで、

使用する機器や、コード類も常に、整理し使用後は、清掃することを意味します。

また、床は、汚染環境として捉え、清潔な物品等は、

床から20㎝以上高い場所へ置く、

床や壁に触れた手で患者の処置を行わない、なども具体策となります。

4.鋭利な器材などは適切に取り扱う

これはいわゆる針刺し事故や、

メスなどの鋭利な刃物での、負傷による、感染を防ぐために必要となります。

スタンダードプリコーションの中には、

リキャップの禁止も、含まれていますので、注意しましょう。

5.必要な場合は患者の隔離

明らかな、感染症はありません。

感染防止に対して、

協力が望めない、患者様の方は、対応として考えられるます。

例えば、認知症により、排泄がコントロールできず、

排泄物で、部屋全体を汚染してしまう場合などは、

他の患者への、感染予防の意味で個室を、考えてもいいと思います。

6.患者の体液に触れる可能性がある場合は、手袋・マスク・ゴーグルなどを着用する

患者様から看護師(医療者)への、感染する恐れがあります。

眼の涙腺からの感染で、劇症肝炎を起こすという事故もあるくらい、

医療者側の、ほんの小さな入口からも、感染は起こるのです。

手袋・マスク・ゴーグルなどを着用しましょう。

また、必要に応じてフェイスシールドや、

防水ガウンなどを着用するのも、オススメします。

いかがでしたか?

正しい知識を持って、感染性予防を行いましょう。