Pocket

こんにちは、荒蒔です。

薬には、『市販薬』と『医療薬』がありますよね。

イメージとして、市販薬は普通で、医療薬は強力という

ふうに思う方も、いると思います。

しかし、その違いは、何なのでしょうか?

確認してみましょう。

セルフメディケーション!?市販薬と医療薬の違いとは?

市販薬て何?

関連画像

市販薬とは、すべて自己責任です。

現在での日本は、超老齢化社会による医療費の高騰が、

問題となっており、医療保険仕組みは破綻寸前の状況です。

それにより政府は、軽い病の緩和や防止は、

自身の責任で市販薬などを使って手当てをする

「セルフメディケーション」を推進しています。

このセルフメディケーションの推進により、

私たちの普段暮らしにも移り変わりが出てきました。

一例を挙げれば、コンビニやスーパーなどで、

胃腸薬や頭痛薬・かぜ薬などの一部市販薬が、

医薬部外品として購入可能な方向へ、

進んでおります。

また、病院で処方されていた薬が、薬局でも調達可能な

「スイッチOTC薬」が増えるなど、

暮らし者にとっては役立つでありがたい社会になってきています。

たしかに、夜中に突然熱が出た時や、胃腸が痛くなったときに、

薬が24時間営業のコンビニなどで買えるというのは、

大変心強いですよね。

けれども市販薬といっても薬である以上、

もちろん副作用を起こす危険性もあるわけです。

つまり正しい薬の知識や情報を持っていなければ、

逆影響になってしまう恐れもあり、

これもすべて自己責務で応対するという事になるのです。

セルフメディケーションとは

「セルフメディケーション」の画像検索結果

Self(自ら)でMedication(薬物治療)を取り合わせた言語で、

「自身の健康を自身で管理(治療)する」という意味合いです。

かぜのひきはじめや軽い頭痛ぐらいであれば、

病院へわざわざ行かず薬を飲んだり、無理をせずに早めに休むなどで、

自らの健康を自分で、管理しましょうという事が、

このセルフメディケーションです。

もちろん、病によっては、

最初から医師に必要になる方が、良いこともあります。

病気や薬について、正しい知識を持って市販薬を応用し、

積極的に健康管理に関わろうと意識する事は、

自ら自分の健康づくりにもつながります。

それによって、軽い病気ならその症状を自身で改善し、

暮らし習性病の防止や健康維持にも役立てる事が可能なのです。

市販薬と医療薬の違いとは?

「市販薬と医療薬の違い」の画像検索結果

薬には大きく別れて、

医療用医薬品(医療薬)と、一般用医薬品(市販薬)があります。

医療薬は、病院で医師の診断に基づいて、

患者さんに処方される薬の事です。

それに対し、市販薬(大衆薬・一般薬)は、

薬局・薬店で自身の症状に合わせて、

買う事のできる薬の事をいいます。

医療用医薬品は患者さんの体質や病状に応じて、

医師が診断し、医師の決断で、薬の成果がもっとも

よく現われるように処方されるので、

指示どおりに正しく服用すれば病も改善してきます。

しかし、市販薬は、薬の知識のない一般の人でも、

安心して使えるように、安全性が高く副作用が少なくなるように、

有効成分の含有量を控えるなどの配合がなされており、

わりと穏やかに作用します。

それだけ、薬の強さは市販薬の方が医療薬よりも弱いのですが、

市販薬は一つの薬で多様な症状に応対可能な良い面があります。

市販薬の上手な買い方・使い方・薬剤師とよく相談して、

選択しましょう。

・説明書をよく読んで用法・用量を正しくと守りましょう。

・薬とアルコールの併用は必ずに避けましょう。

・副作用の生じて時には、直ちに病院へ行きましょう。

・保存は説明書の通りに適切に保存しましょう。

市販薬をより、有効か活用しよう市販薬の購入の時には、

薬剤師の方に、自らの病状や体質などを詳細に話して、

適切な薬を選んでもらうことが大切です。

わからない事、質問や不安に思っている事は、

納得いくまで聞いてみましょう。

服用前には、必ず薬についている説明書をよく読んで、

服用量や服用回数、服用時を覚えましょう。

2〜3日服用しても症状が改善されないときは、

自己判断でずるずると同じ薬を飲まず、

医師の診断を受けましょう。

逆に、薬が効いて症状が楽になってきたら、

からだを休めるなどし、いつまでも市販薬を、

服用し続ける事のないようにする事も大切なことです。

セルフメディケーションを行うには、

こういった薬の止め時も肝心と言えるでしょう。