Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

皆さんは、デイサービス(通所介護)を知っていますか?

高齢者が自宅から、デイサービスセンターに通って、

食事や入浴の介助を受けたり、リハビリを行ったり、

レクリエーションを楽しむことができる施設です。

家族の介護負担を減らせることから、

近年サービスを提供する、事業者が増えてきました。

どのような内容なのでしょうか?確認していきましょう。

デイサービスで働く看護師のメリット・デメリット

「デイサービス」の画像検索結果

デイサービスやデイケアで働く、一番のメリットとして、

勤務時間が、昼間に限られ、夜勤がないことです。

土日が休みの施設も多いので、一般の人などと、変わらない生活リズムで働けます。

看護師が、最も稼げる夜勤がないことは、

病院などの勤務と比べると、給与面で、やや衰えます。

看護師の仕事ですから、基本給などは、事務職などとほぼ同じです。

また、デイサービスのご利用者は、自宅で生活をする元気な高齢者ですから、

命に関わるような深刻な、病気に出会うケースは極めてまれです。

サービスの利用中に、体調を崩すようなことがあっても、

応急処置を行い、病院に同行するまでの対応となります。

精神的な負担を、最小限に抑えることができます。

しばらく休職していて、看護師への復帰を考えたとき、

いきなり負担の大きい、病院やクリニックではなく、

デイサービスや、デイケアを選ぶのもいいと思います。

しかし、看護師として、スキルアップやキャリアを積むことを、

目指す人にとっては、医療的な業務が、少なすぎることは確かです。

とはいえ、空いた時間を有意義に、使える魅力的な職場であることは、

間違いありません。 どちらをより重視するかで、決めるのがいいと思います。

デイサービス勤務に向いている看護師

関連画像

デイサービスやデイケアを利用するのは、65歳以上の高齢者です。

高齢者とのふれ合いが、好きな人に向いています。

また、老年介護の分野に、興味がある人にとっても、

元気な高齢者との日々は、良い経験になるでしょう。

デイケアの場合、施設によってリハビリの内容が異なります。

また、より興味のある勉強をしたい、

分野のものを、行っているところを、選択するといいと思います。

デイサービスやデイケアは、病気やケガの治療の場ではありません。

複雑な、医療処置を行う必要はありません。

いわゆる病院の看護師と違う、働き方を探している人は、

有料老人ホームと、並ぶ就職先として考えてもいいと思います。

日勤で就業時間が延びたり、ずれたりすることも、ほぼ発生しません。

家族やプライベートの時間を、大切にしたい人にも向いています。

また、常勤ではなく、週1~3日のようなパートタイムでの、

求人が多いことも、デイサービスやデイケアの特徴です。

精神的にも肉体的にも、負担の少ない働き方を選べます。

家庭の事情で、フルタイム勤務が、難しい人や、

ブランクのある看護師の、復職場所としても最適です。

新人看護師さんはデイサービスで働いても良いの?

「新人看護師」の画像検索結果

新人看護師さんは、デイサービスで、働いても良いのでしょうか?

新人看護師の多くは、まずは、急性期病棟に入職します。

でも、

急性期病棟では、先輩は怖い

患者さんは、重症だからプレッシャーを感じて怖い。

覚えるべきことも、やるべき仕事も、たくさんありすぎてもう無理!

と思って、急性期病棟を、退職したいと考えている人もいます。

もっとゆとりを持って働きたい

とにかく急性期は嫌だ

少しでも楽な職場で働きたい

と思っている新人看護師さんは、デイサービスを転職先の候補に、

考えている人も、いるのではないでしょうか。

新人看護師さんは、デイサービスで働いてもOKです。

新人看護師は、急性期病棟以外で、働いてはいけないという、決まりはありません。

ただ、新人看護師は、デイサービスで、働く時の注意点を、知っておかなくてはいけません。

新人看護師がデイサービスで働く 決して楽ではない

「新人看護師」の画像検索結果

新人看護師が、デイサービスで働くのはいいのですが、

楽だと思っている、新人看護師さんは、多いと思います。

デイサービスは、決して楽ではないことです。

でも、それは誤解です。デイサービスは楽では、ありません。

一人前の看護師にとっては、急性期病棟よりも、楽かもしれません。

確かに、デイサービスには、重症患者はいません。

みんな在宅で、過ごせる健康レベルの人です。

また、介護士さんが、

たくさんいますので、力仕事も、それほど多くありません。

だから、「デイサービス=楽」と思う人が多いんです。

でも、デイサービスには、医師がいません。

そのため、利用者さんに何かあったときに、

判断・対応するのは、看護師なんです。

利用者さんは、在宅で過ごせる健康レベルでも、

高齢ですし、介護が必要な人ばかりです。

突然、意識消失したりすることも多いですし、

血圧が、180/120なのに入浴したいと言う人もいます。

また、体調が悪いのに自宅で休まずに、無理してデイサービスに来る人もいるんです。

そういう人たちを、きちんとアセスメントして、

適切な対応をして、いかなくてはいけないので、

デイサービスの看護師は、責任が重大です。アセスメント力・対応力・判断力が必要です。

デイサービスは、新人看護師にとっては、決して楽な職場ではなく、

ストレスや、プレッシャーが多い職場になるのです。

まとめ

デイサービスセンターは、医療機関以外の職場を探されている看護師さん。

自分自身の生活習慣を、大切にしたい看護師さんに、オススメの職場です。

治療の場ではないため、比較的医療処置が少なく、ご利用者と、

じっくり密な、コミュニケーションが取れます。

新人看護師さんには、

厳し職場ではありますが、頑張っていきましょうね。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営 

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】