Pocket

こんにちは 荒蒔です。

大人が、ノロウイルスにかかると、

ウイルスに感染してから、体に症状が出るまで1〜2日かかり、

嘔吐や下痢、腹痛、発熱などの症状を引き起こします。

症状の程度は、体内に侵入したウイルス量や、

その時の具合(免疫力)によって相違ますが、

嘔吐や下痢、腹痛などの消化器症状はとても激しいものです。

子供の場合、同じノロウイルスに感染しても、

嘔吐の症状が強く出ると思いがちですが、

大人の時は下痢の症状が強く、

1日中どんどん洗面所から離れられず、

洗面所にこもったという人も多いのです。

これらの症状は1〜2日で徐々に治まり、回復していく事が多いです。

大人は子供と違い、基礎体力もありますし、

免疫力も強いので、それほど悪化せず、

病院を受診しなくても、自然に治る事があります。

ノロウイルスの根本的な治療薬は、

現時点でのところ製作されていませんので、

病院を受診しても、吐き気止めや整腸剤、

脱水阻止のための点滴投与など対症療法を行うのみになります。

大人の場合、動けなくなるほどの重症という以外は、

『水分補給を心がけ』

『消化の良いものを食べる』

『休息を取る』

この3つに心がけましょう。

当然、症状が激しかったり、長引くようであれば、

すぐに病院を受診してくださいね。

また、高齢者の方は、体の抵抗力が落ちている人が多く、

子供や成人と比較して体内の水分量が少ないため、

脱水になりやすいという特色があります。

激しい下痢や嘔吐によって、

体内の水分が失われると、たやすく脱水症状を引き起こし、

意識障害が出てきたり、血圧低下を招き、命を落とす事もあります。

それにより、高齢者がノロウイルスに感染したら、

湯冷ましや、常温の食塩とブドウ糖を混合し、水に溶かした飲料水。

わかりやすく言えば、ポカリスエットなどの飲料水を

などで、少量ずつでも水分補給をするようにしましょう。

その上、食欲があるようなら、胃腸に負担をかけないような、

温かいスープなどを食べさせると良いでしょう。

万が一、水分補給が進まないようであれば、

重症化しないうちに病院を受診して、

点滴等で脱水を防止しなければいけません。

大人がノロウイルスに感染する時、この前ブログでもお伝えした、

生牡蠣などノロウイルスに汚染されたものを食べたり、

ブログ記事:加熱用牡蠣に要注意!?ノロウィイルスにご注意を!

ノロウイルスに汚染された、

調理器具を使っての感染などがありますが、

意外に多々あるのが子供を看病した時に感染するというものです。

子供が学校や保育園でノロウイルスに感染し、

その看病を家庭でしていたら、

いつの間にか自身も、

ノロウイルスに感染していたという場合が多いです。

ノロウイルスは感染力が強いため、

看病する事例は手洗いを徹底するほかに、

嘔吐および下痢を処理する時は、

「使い捨てのマスクと手袋の着用」

「処理したものは密閉して廃棄する」

事を確実に行う必須があります。

そして、キッチンハイターなどの、

次亜塩素酸ナトリウム(塩素系消毒剤)を用いて、

便座だけでなくドアノブや、感染者が触れたところは、

こまめに消毒しておくようにしましょう。

ノロウイルスに感染しないために、

ノロウイルスの防止の元は、手洗いの徹底です。

特にトレンドしている時分や

周囲に感染した人がいるケースは、

いつも以上に手洗いを徹底して行いましょう。

手指についたノロウイルスを落とすためには、

石鹸と流水で30秒以上洗わなければいけません。

加えて、生牡蠣を食べる事も控えましょう。

生牡蠣は、ノロウイルスに汚染されている確率がとても高いです。

必然的に、牡蠣を食べたいという事例は、

カキフライなど加熱調理されたものを食べるようにしてください。

ノロウイルスは熱に弱く、食料品の中心部を85度以上で、

1分間加熱すると、感染性はなくなると言われています。

明日は、ノロウイルスに子供がかかったらの対処法をお伝えします。

お楽しみ。