Pocket

こんにちは荒蒔です。

最近、寒かったり、暑かったりと目まぐるしいですが、

ヒートショックに、気おつけて下さい。

ヒートショックとは、急激な室温などの移り変わりにより、

血圧が高騰したり急下降したり、

脈拍が速くなったりする状態をいいます。

例を挙げると、真冬に暖房の効いた個室から一歩外に出ると、

その冷たさにゾクゾクっとするのもヒートショックのひとつです。

ゾクゾクした瞬間に、体は体温を一定に維持するため、

血管が急激に収縮します。

それによって血圧や脈拍が突然移り変わりし、

心臓に思っている以上に負担をかけているのです。

それゆえに、心筋梗塞や脳血管障害などにつながりやすく、

かなり危険な様子をひきおこす場合があるのです。

国の統計では、交通事故による年間死亡者数が約7〜8千人に対し、

ヒートショックによる死亡者数は、

推定1万人を超えていると言われています。

自分の手の届く範囲に起こるヒートショックの危険を理解し、

きちんと防ぎましょう。

しかし、ヒートショックをおこしやすい人ゾクゾクしたからといって、

すべての人がヒートショックを起こすわけではないのです。

65歳以上の高齢者の方は、

1)高血圧、動脈硬化、糖尿病などの病がある人

2)肥満気味で、睡眠時無呼吸症候群など呼吸に問題のある人

3)不整脈がある人・我が家の浴槽に暖房施設がない人

4)最高風呂に入る事が多々ある人

5)熱いお風呂が好きな人

6)お酒を飲んでから、お風呂に入る人など

が、危険性の高い人なるのですが、

高血圧や糖尿病と動脈硬化などの持病がある人が、

ヒートショックの影響を、多く受けやすいので、

気おつけましょう。

特にお年寄りは、血管がもろくなっているうえ、

血圧の上昇奥行きが大きいため、脳出血をおこしやすく、

家庭内で死亡するきっかけの4分の1を占めているほどです。

ヒートショックをおこすきっかけはずばり、住宅の中の温度差です。

真冬に暖房をしている個室と、全く暖房していない箇所の温度差は、

10度を軽く超えています。

この温度差が血圧や脈拍の急移り変わりをおこすのです。

特に日本住居では、便所や浴室、

洗面所に暖房施設がないケースが多く、

他にも水回りは、北側に据え付けするのが、

標準的になっているので、

相当室温も上がりません。

浴室などはタイル貼りなので、タイルからの冷気で、

そして温度が低くなってしまいます。

その上、ヒートショックは冬場だけのものと思われがちですが、

夏場の冷房や激しい運動が元でおこす事もあるのです。

ヒートショックを防ごうと、浴室暖房があればそれを使用しますが、

ないケースは次の点に気を付けましょう。

1)シャワーを高い位置から浴槽に入れて、

お湯を溜めるシャワー給湯する事で、

浴室温度が15分で10度上昇すると言われています。

2)脱衣所に暖房器具を置く

3)お風呂に入る前に浴槽のふたを開けておく

4)浴室の床にマットやスノコをひく

5)お風呂の温度を38〜40度位に設定し、

42度以上のお湯は、心臓に負担が必要になる

6)お年寄りや高血圧の人の風呂は避ける

7)食後もうの入浴は避ける食事で血圧が上がっているから避ける

8)入浴前に、アルコールや降圧剤など薬を飲まないようにする

9)入浴のとき、いきなり浴槽に入らず、心臓に遠いところから、

かけ湯をして、体をお湯に慣らしてから入る

10)浴槽からでる時は、突然立ち上がらない

また、手洗いにも、小型でよいので、

暖房機を置くなど温度移り変わりが、

極力少なくなるように注意して、

ヒートショックを未然に防ぎましょう。