Pocket

医療用廃棄物の段ボールのフラップ(箱のフタの部分)を押さえる、

オプションが出来上がりました。

医療用廃棄物の段ボールには、 フタあり・フタなしがあります。

医療用廃棄物の段ボールでフタ なしの場合、

必ずにおい漏れを防ぐために、フタは必ず必要です。

弊社では、段ボールフタなしの場合、

オプションとして

4種類⇒ 1)ABS白い板 2)アルミの被せフタ 

     3)「スミセラーハード(発砲ポリプロピ レンシート)

     4)一般の使い捨てダンボールフタの取付パーツ)

ご提案 させて頂いております。

フラップを左右と正面を押さえることにより、

はみ出ず、省スペース で置くことができ、

服などひっかかることなく、事故防止にもなります。

今、現在、A総合病院でペール容器を載せるホルダー×3台の納品し、

フタなし段ボールを載せる特注ホルダー×1台を貸し出しており ます。

お客様から、

80Lの段ボール(横幅430mm×奥行410 mm×高さ460)で、

感染性医療廃棄物を捨てる、フタの高さが地面から、

600mmというご依頼がありました。

そこで、私は、低床タイプ(地面から台座までの高さが120mm)

をご提案させていただきました。

低床タイプ(地面から台座までの高さ が120mm)+段ボールの高さ(高さ460mm)

合計580mmの 高さとなります。

ですが、低床タイプの台座の標準サイズが、ヨコ310 mm×奥行450mmなので、

安定にかけると思い、高床タイプをご提案 いたしました。

高床タイプ(地面から台座までの高さが200mm)

地面からフタの高さまで780mmです。

しかし、台座は上下に移動する 事ができるのですが、支柱は固定です。

なので、780mmある支柱を、段ボールの高さに合わせるため、

支柱を140mmカットさせていただきました。

高床タイプ(地面から台座までの高さが200mm )

地面からフタの高さまで640mmの特注機ができました。

このよ うに、低床タイプでも、

80Ⅼのダンボールにも対応できるホルダー が課題になり、

ただ今試作中です。