Pocket

こんにちは 荒蒔です。

今日も朝4時に起きて、

ブラックコーヒー飲みながら、ブログを書いております(笑)

「黒コーヒーは体に良い」

「コーヒーのカフェインは体に悪い」など、

どっちともつかない話が飛び交っているのが“コーヒーと健康”。

本日は、その効果をご紹介いたします。

ブラックコーヒー飲んでますか?その効果とは?

 

スポンサーリンク

あなたは、ブラックコーヒー飲んでますか?

「ブラックコーヒー」の画像検索結果

1日あたり3〜5杯のコーヒーを飲む人は、

飲まない人に比較して、期間中に死亡する危険性が15%低く、

コーヒー摂取量が最も多々ある人(5杯以上)でも12%低くなくなり、

レギュラーコーヒーだけでなく、カフェイン抜きのコーヒーであっても、

長寿に関連する事もわかりました。

朝1杯のコーヒーがもたらす6つの健康影響として、

1. 心臓血管の病や心疾患の危険性を和らげるする確率がある。

2. 脳卒中になる確率を和らげるする確率がある。

3. 肝疾患、最終的には肝臓がんの危険性を低減する確率がある

4.  パーキンソン病(主に、手足がふるえる・動きが遅くなる

 ・筋肉が硬くなる・体のバランスが悪くなるといった症状)

 のような神経が収縮する疾患の危険性を和らげます。

5. 2型糖尿病(高血糖症、インスリン抵抗性、

 相対的インスリン不足が、特徴の長期的代謝異常)になる危険性を低減する確率がある。

6. 全てのきっかけによる死亡率を下げる見込みがある。

という6つの健康成果を持つ事がわかりました。

カフェインの主な作用としては、覚醒作用利尿作用が、

最初に挙げられます。

それにより夜寝る前に飲むと、目が冴えて眠れなくなったり、

夜中手洗いで起きるなど、

「不眠や睡眠不足」のきっかけになります。

しかし、コーヒーを多く飲み過ぎると、胃液が分泌され過ぎて、

“胃が痛い、胃が想い悪い”などの症状を起こす事もあります。

ミルクや砂糖、生クリームなどが入ったものはNGです。

健康影響を望みするなら“コーヒーは黒で適量飲む”事が鉄則です。

1日3杯〜5杯の適量を飲むのであれば現在のところ

『コーヒーは健康によい』と言えます。

コーヒー好きの方は心配無用して、

コーヒー・ヘルシーライフを送ってみてはどうでしょうか?

ブラックコーヒーのその他の効果

「ブラックコーヒー 効果」の画像検索結果そんなブラックコーヒーですが、実は様々な効能や効果があることをご存知ですか?

ここでは、ブラックコーヒーの効果をご紹介いたします。

ストレス解消効果

コーヒーの香りには、リラックスを促す働きがあると言われており、

ストレス解消にも、役立つと言われています。

ダイエット効果

カフェインには、脂肪の燃焼を促進する働きがあると言われており、

運動前に摂ると、効果的だと言われています。

また、カフェインには利尿作用もあるため、

体内の老廃物を排出し、むくみの予防や改善にも、繋がると言われています。

覚醒作用

コーヒーを飲むと、眠気が醒めるとよく言いますよね。

これは、カフェインによって、脳の中枢神経が刺激されます。

二日酔いの解消

カフェインには、

利尿作用によるアルコールの排出だけではなく、二日酔いの原因と言われています。

アセドアルデヒドの分解作用もあることから、二日酔いの解消に効果があると言われています。

コーヒーダイエットする上で注意すべきこと

「ブラックコーヒー ダイエット 看護師」の画像検索結果

ブラックコーヒーのその他の効果の中で、ダイエット効果をご紹介しましたが、

みなさま、気になりますよね。僕もですけど(笑)

コーヒーで、ダイエットを考えてるのであれば、

注意すべきことがあります。見ていきましょう。

痩せると思い、コーヒーを飲みすぎない

痩せると思い、ブラックコーヒーを飲みまくっていませんか?

僕も、そう思い、確かに飲みまくってた頃がありました。

確かに、痩せましたが、

それは、コーラーや炭酸水みたいな、甘いジュースを失くしたからです。

しかし、コーヒーは飲めば飲むほど、痩せるというものでは、決してありません。

逆に、飲みすぎると、カフェインが、多すぎて、とても危険です。

一般的に、カフェインは、1日に300ml〜500mlが上限で、

それ以上取るのは、良くないと言われています。

コーヒー一杯に、含まれるカフェインの量は、だいたい150mlくらいです。

コーヒーは、1日に、3杯くらいをMAXにすると良いとされています。

どんなに飲んでも、5杯以上はやめましょうね。

コーヒーには、ダイエット以外にもさまざまな良い効果があります。

それを引き出すにも、最適量3杯くらいという、研究結果もあるからです。

仮にカフェインを摂りすぎると、

動悸したり、ふるえたり、めまいがしたり、不安感に襲われたり、頭痛したりなど

まるで良いことがありません。何事も適量が大切です。

コーヒーを飲み過ぎず、適量でコントロールしましょう。

お腹が空いている時にはコーヒーを飲まない

お腹の空きっ腹に、コーヒーを一気に飲んだことありませんか?

ダイエット効果があると、思う部分がありますが、そんなことありません。

コーヒーには、胃酸の分泌を促進させる働きがあります。

そのために、お腹が空いている時にコーヒーを飲むと、

お腹の中に、特に、消化すべき食べ物が入っていないにも関わらず、

胃酸が分泌されることになります。

胃が弱い人の場合には、それが原因で、お腹が痛くなることもあります。

食べ物を食べた後でしたら、

消化すべき食べ物が存在するので、そのようなことは起こりにくいです。

なので、コーヒーを飲むのは食事の後にしましょう。

寝る前にはコーヒーを飲まない

皆さんご存知のように、コーヒーを飲むと、カフェインが入っているので、

寝ることができなくなる、場合があります。

カフェインを飲んで、覚醒してしまい、カフェインによって、

脳が興奮してしまい、眠れなくなってしまうのです。

睡眠とダイエットの間には、とても大事な事があります。

実は寝ている最中が、一番食べ物を消化しているということです。

もし寝る前に、コーヒーを飲んでしまったら、うまく眠ることができず、

結果として、食べ物が消化されずに太ってしまいます。

また、睡眠不足になると人は、食欲が増すという場合もあります。

食欲が増すと、どうしても、たくさん食べてしまうので太ってしまいます。

カフェインの効果は、3〜4時間続くと言われているので、自分が寝る時間から逆算して、

遅くても4時間前までに、コーヒーを飲むようにしましょう。