Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

マスクをしている時、

患者さんとの、

コミュニケーションが、上手くいきませんよね

表情や声が伝わりにくいので、

ちゃんと話していることが、聞こえているのかなという不安があります。

マスク着用時に、

看護師が心がけたい、コミュニケーションのコツをお伝えします

≪関連記事≫

看護師によるコミュ二ケーション能力の高め方とは?

マスク着用時に看護師によるコミュニケーションのコツ

「看護師 悩み」の画像検索結果

マスクを着用したときの、

話すとき、あなたの声が、聞き取りにくくなることです。

マスクは、どうしても、声がこもってしまいます。

特に、声が小さい人や、何をしゃべってるかわからない、

伝わらないなどの、問題が発生する可能性があります。

マスクで口を隠すことで、聞き取りにくい場合でも、

諦めて聞いているふりをする、患者さんもいますので、ご注意ください。

また、マスクを着用すると、相手の表情が伝わりにくくなり、

冷たく感じたり、不安になったりすることがあります。

笑っていると思っても、目を笑わないと見えません。

なじみがないと、患者さんが、心を開くのが難しくなります。

マスク着用時のコミュニケーションのコツ

「マスク  コミュニケーション 看護師」の画像検索結果

聞く態度を工夫する

相手の話を聞くとき、姿勢を工夫することも、
スムーズな、コミュニケーションに役立ちます。
相手が話しているときは、相槌を口で叩くのではなく、
体の正面を相手に向け、大声でうなずきながら前向きに耳を傾けてください。

目で表情を伝える

マスクをしたときに、相手に表情を伝えるためには、
目を表情豊かにする必要があります。
と言うか、目しか表情がわかりませんよね。
ですので、目の周りの筋肉をほぐして、笑顔にしてみてください。
表現に自信がない場合は、少し誇張したジェスチャーをして、
相手に、親密感を与えることができます。

少しゆっくり話すことがポイント

マスクをしたときに、相手に言葉を伝えるためには、

いつもより、少しゆっくり話すことが大切です。

特に高齢者の方の場合は、

低音で大きな声で、話すことをお勧めします。

しかし、声が聞こえず、

高齢者の方が、理解しているかどうか?

確認するために、メモを見せながら、

確認を取るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
マスクをしながらの、コミニケーションするには、
とても難しいと思いますが、
ちゃんと、患者さんや相手の方に、
伝わっているかどうか?
必ず確認するよう、心がけてください
≪関連記事≫

看護師によるコミュ二ケーション能力の高め方とは?