Pocket

こんにちは 荒蒔です。

インフルエンザ脳症とは、

あまり聞き慣れない病気ですよね。

インフルエンザは、熱が出て、風邪みたいなもの

と思っている方も多いと思われます。

インフルエンザにかかった

特に、乳幼児に発病する事が多く、

インフルエンザウイルス感染による重症合併症の1つで、

脳内にウイルスは侵入してませんが、脳が腫れて、

死亡率は約30%と高く、助かっても約25%は、

脳性まひなどの後遺症が残るといわれています。

毎年発病する患者は数百人にものぼり、

発病のメカニズムがいまだ解明されていない事や、

死亡率が高い事などから、

社会的にも大変大きな関心を集めている病です。

インフルエンザ脳症の特色は、

インフルエンザが、流行れば流行るほど発症が多発し、

特にA香港型が発症する人が増える傾向があります。

インフルエンザの発熱から、数時間?1日と、

神経症状がでるまでの期間が短いのが特徴です。

だいたい1年間に100~300人の乳幼児が、

インフルエンザ脳症にかかります。

インフルエンザ脳症でよくみられる症状は、

「けいれん」「意識障害」「異常行動」

のこの3つです。

けいれんは、筋肉のこわばりやガクガクとした動きで、

1分程度の短いものから20分以上も続く長いものもあります。

回数は1回だけの事も、何回も反復する事もあります。

意識障害というのは、手っ取り早くいうと、

眠ったようになってしまい、呼びかけや苦しみで刺激しても、

目が覚めないような様子をいいます。

軽い意識障害のケースには、何となくボーッとしているとか、

また、ウトウトするというような様子の事もあります。

異常行動は、いつもとは全然違うおかしな言動で、

はっすることもあります。

またよくあるのが、ゾウやライオンなどの動物や、

ポケモンなどのアニメのキャラクターがやって来るなどの、

幻視・幻覚を中心とした解釈不明の言動です。

母親がそばにいるのに母親を探し回るとか、

まったく意味合い不明の言語をしゃべったりとか、

訳もなくひどくおびえたりと、

いった言動もときどきみられます。

激しい事例には、自身の手を食べ物とかんちがいして、

かじったりする事もあります。

インフルエンザ脳症では、こういった症状が、

熱が上がってからもうに出現する事が多々あるようです。

従って、発熱に続いてけいれん・意識障害・異常行動が

起きたケースには、脳症のはじまりの確率もありますので、

すぐに病院を受診してください。

乳幼児は、脳症でなくても、

高熱そのもののために、異常行動を起こす事も多いことです。

このステータスを「熱せんもう」といいます。

インフルエンザで熱が高いときに、

異常な言動があっても、一通りが脳症とは限りません。

インフルエンザ脳症による異常行動と、

熱せんもうとの異なる点はまだ十分わかっていませんが、

異常行動が永らく続くケースや、けいれんを伴った時は

要注意と思われます。病院に話し合いし、

担当医の指示に従って下さい。

インフルエンザ脳症は、命に関わる病にも関わらず、

いまだ有効な治療法がないのが現況です。

血管から輸液(水分・塩分・ブドウ糖などの補給など)

を行う対症療法が一般的な治療となります。

輸液の中身は患者さんの状態、

検査の結果によりすり合わせされます。

血液の成分にアンバランスがある事例は、

それを正常化するための薬剤を体内に入れます。

例を挙げると血液が酸性になっている事例は、

アルカリ剤を、ブドウ糖が減っているケースは、

ブドウ糖を注射します。

DIC(血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に

起こる症候群)の時は、異常な凝固を抑さえる

薬剤を用いたり、減ってしまった赤血球や血小板を、

輸血により補ったりします。

しかも脳の圧が高い時は、

圧を下げるための減圧剤を使用します。

けいれんが起きている事例は、

それを止める抗けいれん剤を使用します。

患者さんの状態によっては、気管にチューブを入れて、

空気の通り道を確保し、人工呼吸器を使って、

呼吸を助けるようにします。

このように、乳幼児に多いインフルエンザ脳症。

また、今年もインフルエンザ患者さんが倍増しております。

お子様が熱を出したら直ぐに、

かかりつけの病院へ行きましょう。

早め早めの対策が大切です。