Pocket

こんにちは 荒蒔です。

最近、めっぽう寒いですよね。

朝起きるのが辛いです(笑)

今回、冬なので肌のトラブルについてです。

真冬の肌トラブル! ?

しつこい真冬のかゆみ?

真冬のかゆみはなぜおこるのでしょう?

健康な皮膚は角層に水分が蓄えられていて、

分泌される皮脂によって外部の刺激から守られています。

けれども、真冬になると冷たさによる血行不良や

空気の乾かすなどによって、

角層の水分が減少してしまい、

皮脂の分泌も少なくなって肌の乾かすが進みます。

乾かすが進んで皮脂膜が薄くなってしまった肌は

外部からの刺激を受けやすく、

ささやかな刺激でかゆみがおこってしまうのです。

そのうえ、刺激を受け続けると肌自体がかゆみを敏感に、

感じやすいステータスに移り変わりしてしまい、

しつこく反復するかゆみの悪循環がおこるのです。

肌を掻く事もひとつの刺激なので、一度掻いてしまうと

その上かゆくなるのは、かゆみの悪循環がおこるせいだ、

と言われています。

真冬のかゆみのきっかけは?

真冬の皮膚の乾かすやかゆみは、

「気候」と「生活コーディネート」

が主なきっかけでおこります。

気候では、大気中の湿度の低下によって皮膚の水分の蒸発、

他にも気温の低下で血行不良や新陳代謝の低下がおこります。

人生コーディネートでは、エアコンやこたつなどの暖房で、

皮膚から水分が蒸発し、

冷たいので熱いお風呂に長期に渡ってつかったり、

ボディーをごしごしと強く洗う事が、

かゆみのきっかけとなってしまうのです。

かゆみ肌に配慮すべき人は?以下の点に心あたりがある人は、

皮膚の乾かすとかゆみに配慮が不可欠です。

・洗顔後に顔が突っ張る

・唇がカサカサになる

・指で紙やビニール袋が開けにくい

・すねなどを爪でかくと、

白い筋ができるな真冬にかゆみがおこりやすく、

腕・腰・すねなど、

目下はかゆくなくても保湿を心がけておきましょう。

かゆみ肌の対処法真冬のかゆみ肌へ最高の対処法は、

保湿を欠かさない事です。

いつもから手足は無論、

背中や腰などにも保湿クリームをつける習性をつけましょう。

保湿剤には、つけ心地の軽いローションタイプから、

乳液、クリーム、ワセリンや軟膏など

数多くあるので、

実のところに使用してみて本人に適したものを探しましょう。

その上、室内の温度は18~23度、

湿度は加湿器などを使って40~60%に持続するようにします。

入浴では、お湯の温度が高いほど、肌の皮脂が失われてしまうので、

ぬるめのお湯に少しだけの間つかるようにしましょう。

体を洗うケースもナイロンタオルでゴシゴシこするではなく、

弱酸性の石鹸を泡立てて、手のひらでなでるように洗ってください。

衣服は、木綿や絹など刺激の少ない材質を選択し、

肌着は肌をしめつけないよう、

ゆったりとした大きさを選りすぐるのがお勧めです。

ストレッチなど程よくな運動を行なって、

新陳代謝を高めるように心がけましょう。

睡眠不足や疲労も大敵です。

電気毛布は肌を乾かすさせてしまう事があるので、

使用する場合は、低い温度設定にしましょう。

食事は体を暖める食品を程よくにとり、

バランスのよい食事を心がけてください。

体のなかで、栄養がお薦め最後に届くのが皮膚なので、

偏食やダイエットなどをすると、

皮膚まで栄養がまわらず、

より乾かすしてしまいますからやめましょう。

保湿剤やかゆみ止めを使ってもかゆみが消えない場合、

赤みやブツブツができてしまった時は、

早めに皮膚科を受診して対処し、

肌ステータスを、悪化させないことが大切です。

おすすめ商品も載せておきますので、ぜひご活用ください。

乾燥性のかゆみにお悩みの方にもおすすめ!

もう何十本もリピートしているボディクリームです!

お風呂上りにこれを全身に薄く伸ばすだけで、瞬間的にしっとりと潤うので、

乾燥性の痒みなどもおさまります。

ボディクリームにありがちなベタつき感もなく、

お肌にスッと馴染んでくれるので使用感もとてもよいと大評判です。

いつも翌朝の肌の触り心地の違いに、驚いている方が多いようです。

皮膚を保護しながら潤す馬油100%のクリーム

ソンバーユは、良質な馬油だけを100%使用した高純度の保湿クリームです。
乾燥肌を潤すのはもちろんのこと、全身の保湿とケアを同時に行うことができます。
馬油と言えば独特な香りがあるものですが、
こちらは油臭を無くしているので、気にならないところも魅力。
べたつきすぎることもなく、大人から赤ちゃんまでご使用いただけます。