Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

リーダーシップと聞いて、自分には自信が無い、

できないと、考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

この前のブログで、

看護師のリーダーシップとは?構成する4つの能力

について述べました。

看護師の業務を十数年経験し、必ずリーダーという役割が回ってきます。

しかし、リーダーシップが発揮出来ない、苦手だと言う方いると思います。

そこで本日は、リーダーを目指すにはどうしたらよいか?について、

述べていきたいと思います。

1)リーダーを知る!

リーダーの役割とリーダーシップについて、イメージがわかないですよね。

その理由は、苦手意識を持ってしまう人も多いと思います。

そんな時、どうしたらよいかと言いますと、リーダーを知るということです。

実際に、現場には、様々なリーダーがいますよね。

そのリーダーの役割、業務内容を見ていきましょう。

そして、リーダーの役割や、業務理解しましょう。

リーダーという立場になってみないと、見えないことも、もちろんあります。

自分には、リーダーは無理だと決めてしまうまえに、

まずは、リーダーを知ることから始めてみましょう。

自分自身が、リーダーとして働く為には何が必要か?

何を身に付けなければならないか?を考えてみましょう。

苦手を克服するためには、まずはその克服する手段を知ることです。

そのためにも、リーダーを知るということは、非常に大切なことです。

2)やるべき事を整理する

リーダーは、多くの業務を把握、整理しなくてはいけません。

また、あなたの職場のスタッフに、指示を割り振りをしなければなりません。

優先順位を、把握しながら、多くの業務の整理を求められます。

業務整理が苦手だという人の多くは、自分で抱え込んでしまいがちです。

多くの業務を、自分1人で抱えていても、良い効果は生まれません。

あなたの職場の、スタッフやメンバーに、業務を割り振る事をしっかりできれば、

自分自身の業務にも、余裕ができることも少なくありません。

全体の業務を把握する中で、

その時のスタッフやメンバーに合わせて、業務を割り分けることが大切です。

そのためにも、自分がやるべき優先順位を明確にし、

業務を整理することから見直してみましょう。

余裕の無いリーダーの周囲で働く、スタッフやメンバーは、

意外と余裕をもって仕事している場合もあります。

業務を抱え込むのでは無く、割り分けるということを、意識してみて見ましょう。

3)情報発信

リーダーは、その役割を果たすことは難しい場合もあります。

時には、受け身な事も必要にはなりますが、

業務を安全に効率良く遂行するためにも、メンバーやスタッフに対して、

指示や情報を伝達しなければなりません。

頭の中で、いくら素晴らしいシュミレーションができていても、

それを伝える事ができなければ、スタッフは動くことができませんよね。

つまり、リーダーシップの発揮出来ませんよね。

リーダーシップが、発揮出来ないと悩んでいる人は、

まずは、この情報発信を、行うことから始めてみましょう。

しかし、発言をするということが、苦手という人もいるかも知れません。

そこは、自分の責任を果たすために、また、患者さんの為に、

必要なことであるという認識をもってください。

あなたが勇気を出す事で、患者さんの安全を、確保することができるのであれば、

それは、看護師として当然やるべき事となるはずです。

リーダーである前に、看護師として、患者さんの為に必要なこと、

苦手意識をもつことなく、勇気をだして克服しましょう。

必要な事を、情報発信する事は、リーダーである前に、

看護師としても、必要なスキル一つです。

看護師が目指すべきリーダーシップとは?

リーダーシップは、難しいというイメージを持つ人は多いかと思います。

しかし、患者さんに対して、より良い看護を提供するということです。

ですので、普段やっていることと目的は同じなのです。

リーダーは、より良い看護を、提供する為にどうしたらよいか?考えるものです。

また、リーダーシップは、限られた人しか実践できないと、

考えている人も多いかもしれません。

しかし、決してそんな難しいものではありません。

リーダーシップについて、難しく考えてはいけません。

誰でも、実践することができるものなのです。

患者さんにより、良い看護を、提供するための役割のひとつがリーダーであり、

その手法が、リーダーシップと言えます。

難しく考えず、必要となる能力を身に付け、

素晴らしいリーダーシップを発揮してください。

それは、自分の成長の為であり、また、患者さんの為になります。

「なんで私がリーダーじゃないの?」と言う自分勝手の行動で、

人間関係に亀裂を入れないよう、

また、あなたの信頼も、失うこともありうるので、気をつけて下さい。