Pocket

今年の暑さはかなりヤバイ!?熱中症3つの重症度

こんにちは 荒蒔です。

『暑い』『とにかく暑い』と毎日のように言っております。

それもそのはず!毎日、35℃以上の猛暑日が続いていますから。

外で作業をしている方は、特に、気おつけてくださいね。

で本日は、『熱中症』について述べたいと思います。

熱中症にオススメの商品
 

スポンサーリンク

熱中症とは?

熱中症は、気温が高い事などで、体の中の水分や塩分(ナトリウムなど)の、

バランスが崩れたり、体の調整機能が、正常に働かなくなる事によって引き起こされます。

そして、応急処置を知っていれば、命を救う事もできます。

このような、体温の調節性能がうまく働かず、体内に熱がこもり、体温が異常に、

上昇する事で熱中症はで起こります。

人の体は、いつも熱を作り出す一方、汗をかいたり、

皮膚から熱を逃がす事で、体温の上昇を抑えています。

重症化すると死に至ることもありますが、正しい知識と適切な行動で防ぐ事ができます。

どんな症状になる?

もうろうとして、呼びかけに反応がなかったり、

応答が異常であるといった、意識の障害がでる事もあります。

自覚症状としては、

・ズキンズキンとする

・頭痛やめまい

・吐き気、立ちくらみ

・倦怠(けんたい)感⇒あきあきすること

などがあげられます。

熱中症3つの重症度

暑いにも関わらず、

全く汗をかかなくなったり、皮膚が乾かすしたり、触ると非常に、

熱をもっていたりしたら、かなり危険信号です。

熱中症の重症度は、3つに分けられます。

Ⅰ度:現場での応急処置で対応できる軽症

Ⅱ度:病院への搬送を必要とする中等症

Ⅲ度:入院して集中治療の必要のある重症

とこの3つに、分類できます。

特に、「意識がない」などの脳症状の疑いがある場合は、

全部Ⅲ度(重症)で、必ずに見逃さないようにする事が必要です。

それでは、それぞれの症状と対策を見ていきましょう。

Ⅰ度:現場での応急処置で対応できる軽症

症状:

めまい・立ちくらみがある

筋肉のこむら返りがあり、痛い

汗をふいてもふいても出てくる
対策:

まず涼しい場所に避難し、衣服をゆるめ、体を冷やしましょう。

また、水分・塩分も忘れづに、補給しましょう。

Ⅱ度:病院への搬送を必要とする中等症

症状:

頭ががんがんする(頭痛)

吐き気がする・吐く

からだがだるい(倦怠感)
対策:

まず、涼しい場所に避難し、衣服をゆるめ、体を冷やしましょう。

水分・塩分も忘れづに!!

足を高くして休め、自分で水分・塩分も摂れない状態であれば、

すぐに病院へいきましょう。

Ⅲ度:入院して集中治療の必要のある重症

症状:

意識がない

体がひきつける

呼びかけに対して、返事がおかしい

まっすぐ歩けない・走れない

体温が高い
対策:

氷や水で冷やしましょう。

特に、首・脇の下・足の付け根など重点に!

そして、すぐに救急隊を要請し、病院へ!!

これから、お盆だったり、イベントが、盛りだくさんだと思います。

日陰がない炎天下の中、並ぶこともあると思います。

その時の対処法として、500mlの飲み物を、

2本凍らせて持っていきましょう。

特におすすめは、スポーツドリンクです。

そして、炎天下の中並んでるときに、首・脇の下・足の付け根などを、

冷やし、少しづつ飲みながら並んでいれば、

その場所にたどり着いた時には、飲み頃になっていると思います。

イベントなど人が多いため、自販機で買ったら、補充が多くなるため、

飲み物がぬるい場合もありますので、ご注意下さい。

皆さんも、暑い中仕事をしたり、イベントに行ったり、

すると思いますが、無理をせずに、過ごしてくださいね。