Pocket

こんにちは、荒蒔です。

体内で自然に現れてする活性酸素。

活性酸素と聞いただけで、

さまざまな老化現象を起す、

悪者みたいな、イメージを持った

人もいるはずです。

しかし、身体を守る働きも持っています。

私たちが生きていくためには、酸素が必要です。

その酸素を、体内でたくさんなかたちで、利用する場合に、

自然に活性酸素ができます。

例を挙げると、体内でエネルギーを生み出す時、

酸素の役割のひとつは、

余った水素の受け取り役ですが、

最終的に水となって体外に排出される過程で、

一度活性酸素になってから水になるのです。

本当は活性酸素は、体内に侵入する細菌を駆除し、

免疫体系である白血球や、

マクロファージ(アメーバ状の大形細胞)が、

細菌を駆除するときに、

体内で戦ってくれる大事なものです。

ただし、合わせて対象となる細菌だけを狙うつもりが、

周囲まで傷つけてしまう事があります。

一例を挙げれば、風邪をひいてしまった時、体内では、

病原菌やウイルスに対抗するために、

活性酸素が作られて攻撃しますが、

その場合、健康な体の組織まで、傷つけてしまうのです。

その上、乾かすやアトピーによって、

皮膚のバリア機能が落ち、

皮膚の細胞を用意する脂質が、

活性酸素によって変質してしまい、

肌トラブルを、おこしてしまうのです。

また、活性酸素は人間の遺伝情報を、

伝えるDNAの情報を乱してしまうため、体が酸化すると、

シミやしわ、運動パフォーマンスの低下や物忘れ、あるいは、

動脈硬化や糖尿病、がんなどの暮らし習性病を引き起こします。

体内で活性酸素を起こしてしまう原因がいくつかあります。

1)コンビニやスーパーの惣菜などの

              加工食品を食べる事が多い。

多くの加工食品には、食品添加物が使用されており

これが体内に吸収された後、肝臓で解毒されるのですが、

この過程で、活性酸素が生じてして肝臓を攻撃し、

肝性能障害などのきっかけとなってしまいます。

野菜の残留農薬も同じ事です。

2)よくお酒を飲む

お酒のアルコールも体内で吸収されたあと、

肝臓で解毒されますが、その過程で活性酸素が、

現れてして肝臓を攻撃します。

3)たばこを吸う

たばこの煙にはタールやニコチンの他、

活性酸素である過酸化水素も、

内蔵されているため、

直接活性酸素自体を、

吸い込んでいるのと同じです。

他にも、肺にタールが入ると、免疫体系が働いて、

活性酸素で攻撃するとき、

肺の組織自体も破壊してしまいます。

ですから、たばこを吸うと息切れするようになるのは、

肺の組織が活性酸素に攻撃されて、

働きが落ちているのも原因の一つです。

4)激しい運動をしている

いっぺん良いと思われがちですが、

激しいスポーツをすると、呼吸量が増加して、

必要以上に、多くの酸素を体内に取り込んでいます。

その上、エネルギー量も大量に増えるため、

活性酸素が現れてしやすくなるわけです。

5)外回りの仕事が多い。

ずっと外に出て働いていると、紫外線やX線は、

皮膚の内側にまで届き、体内の水分やスーパーオキシド、

過酸化水素を刺激して、皮膚を内側から破壊し、

しみ、しわなどをつくります。

皮膚がんとの係りも疑われている程です。

6)ストレスを感じる事が多い

強いストレスを受けると、副腎皮質ホルモンが分泌されますが、

その様子を元に戻すために、分解するための酵素が分泌されます。

活性酸素は、ホルモンの分泌、分解と双方の過程で作られます。

7)空気のよくない場所に住んでいる

大きな道路や工場などの周囲に住んでおり、

いつも汚染された空気を吸っている環境は、

喫煙と同じく、肺で免疫体系が働いたり、

解毒するときに、活性酸素が多く現れてしたりします。

活性酸素を防止するにはどうしたら良いでしょうか?

1)幹線道路などを避けて、なるべく裏道を歩く

2)紫外線を避けるために、

     日焼け止めや帽子、サングラスをかける

3)分煙になっている店舗では、禁煙席に座る

4)毎日の食事を見直す

5)ストレスを少なくする

などがありますが、それと同時に、

抗酸化物質(スカベンジャー)を使用して、

活性酸素の攻撃から身を守る事が重要です。

明日は、その抗酸化物質(スカベンジャー)を

どのようにして取り入れるか?について述べたいと

思いますので、よろしくお願いいいたします。