Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんで、冬の乾燥で悩んでいませんか?

冬の病棟内は、エアコンで、空気がカラッカラですよね。

肌も乾燥しがちで、特に目元なんて、

まばたきするたびに、パリパリしちゃうぐらいだそうです。

そこで本日は、乾燥肌の悩みについてお話します。

冬の乾燥に負けない! 看護師さんにおすすめ乾燥対策

スポンサーリンク

冬は肌にとって過酷な季節

「冬は肌にとって過酷な季節」の画像検索結果"
冬になると肌の乾燥や、肌荒れに、
悩まされるという方は、とても多いものです。

エアコンの効いた病棟内で、長時間勤務する看護師さん達には、

冬の肌の乾燥は、深刻な悩みの一つです。

寒い季節は、誰でも汗や皮脂の量が少なくなります。

肌のうるおいをまもる「皮脂膜」は、

汗と皮脂から作られるため、冬は、皮脂膜がどうしても不足してしまいます。

つまり、冬の肌は、乾燥しやすい状態なのです。

また、気温が低下することによって、

血管が収縮するため、血行が悪くなります。

その結果、肌に、必要な栄養素や、酸素の供給が不足し、

肌に、とても負担になります。

これもまた、乾燥を進める原因の一つです。

冬の肌を乾燥から守るためにすること

「冬 乾燥」の画像検索結果"
うるおいを失った肌は、
効果が低下し、ますます、乾燥肌になってしまいます。

そして、肌の乾燥は、カサつきや、小ジワなどを引き起こすばかりです。

また、シミやたるみ、ニキビや肌荒れなど、

さまざまな、トラブルの原因にもなります。

冬の肌を乾燥から守るために、以下のようなことを心がけましょう。

乾燥が気になる時にうるおい補給

朝しっかりとスキンケアしても、

冬の乾燥した空気の中では、だんだん肌が乾燥してくるものです。

勤務中、肌の乾燥を感じた時のため、保湿アイテムを用意しておきましょう。

ミスト化粧水は、使用後にかえって、肌の乾燥を招くことがあります。

乳液やクリームなど、油分を含むものがおすすめです。

また、体内の水分量が減ると、肌も乾燥しやすくなるため、

あたたかいお茶などを飲んで、水分補給を心がけるのも大切です。

看護師さんにオススメなハンドクリーム

ロコベースリペアクリーム 30g

グリソメドハンドクリームN(無香料) 50mL

アトリックス エクストラプロテクション チューブ

内側からもうるおいキープ

肌のうるおいを保つためには、肌に必要な栄養素を、食事からきちんと摂りましょう。

皮膚や粘膜を正常に保つ、

ビタミンA(緑黄色野菜や卵、レバーなど)

肌の新陳代謝を整えるビタミンB群(豚肉、納豆、卵など)

血行を促すビタミンE(ナッツ類、アボカド、ゴマなど)

を食事から、バランスよく摂るようにしましょう。

スキンケアは保湿が大切

肌の保湿ケアは、1年を通じて大切ですが、

この季節は、特に保湿に重点を、置くことを意識したいところです。

基礎化粧品や美容液には、

肌のうるおい成分である、セラミドや、保水力を高めるヒアルロン酸など、

保湿成分が配合されたものを、選ぶようにしましょう。

仕上げに使用する乳液や、クリームについても、

春夏に使用していたものよりも、

濃厚なものを選んだり、多めに使用したりすると効果的です。

看護師さんにオススメな美容液

ソフィーナ iP ベースケア エッセンス

イプサザ・タイムR アクア 

まとめ

いかがでしたか?

看護師さんという職業は、

化学液や、アルコールなど使用することも多いので、

手のケアは、忘れずに行いましょう。