Pocket

こんにちは 荒蒔です。

健康な肌は、皮脂と汗が混ざってできるな皮脂腺によって、

外部からの刺激や乾かすから守られていますが、

すねは元々皮脂が少ないところなので、

冷たさや乾かすによって水分が失われやすいのです。

やがて乾かすで表面がひび割れて、

そのひび割れによって、

更にバリアパフォーマンスが失われ、

乾かすが進むという悪循環が始まります。

粉ふき肌のメカニズム真冬におこる、

肌トラブルの大きなきっかけのひとつは、

空気の乾燥です。

乾燥を防ぐ方法で、

化粧水で水分や乳液・クリームで充分に、

ケアしなくてはいけません。

口元や目元は無論ですが、

肌を維持する皮脂を分泌する皮脂腺の数が少ないすねも、

体の中でも特に乾かすしやすい部位とされています。

すすぎ過ぎると、肌の皮脂が流れすぎて、

乾かすのきっかけとなるので配慮が必要です。

このように、肌トラブルにあわせて、

正しい成分を選択するのも必須な事なのです。

つまり、かかと、ひじなど角質が厚いところや、

体積した部位に逆に影響が高い成分です。

室温は必須最低限にして、湿度を継続するようにしましょう。

体はナイロンタオルでゴシゴシこするのは、

少ない皮脂を他にも減らしてしまうので、

石鹸を泡立て手のひらでなでるように洗ってください。

といったものの、私のような年代で男性は、

ゴシゴシしないと洗った感覚がありませんけどね(笑)

洗顔は、洗顔料を数多く泡立てて、

泡を転がすように優しくなでて洗ってください。

化粧品自体も、保湿成分がふんだんに、

入っているものを選択しましょう。

よく保湿クリームとして尿素が入っているものがありますが、

尿素のトレードマークは角層を溶解する事です。

水分が失われると、正常な角質を完了させる力

量が低下し(角化異常)、角質が溜まっても、

巧みに剥がれなくなってしまいます。

粉ふき肌になりやすいのは、

30代・40代が急増中一般的で、皮脂の分泌量は、

『男女ともに30代をピークに低下していく』

と言われています。

真冬は熱いお風呂に入りたいところですが、

お湯の温度が高いほど肌の皮脂が失われてしまいます。

40度位のぬるめのお湯に入るようにしましょう。

その上、すねに限って言えば、曲げ伸ばしをしないので、

症状が目に見えて現れないため、

気がつかないうちに進行してしまい表面の皮膚がめくりあがり、

粉ふき肌になってから気づく事が多々あるのです。

入浴後の肌は水分を失いやすいので、

湯上り後5分以内にクリームなどを使って保湿しましょう。

バランスのよい食事を心がけましょう。

洗った後は、タオルでゴシゴシせず、

軽く抑制するようにふく事も大事です。

体のなかで、栄養が最高最後に届くのが皮膚なので、

偏食やダイエットなどすると、

皮膚まで栄養がまわらず、

より乾かすしてしまいます。

すでに粉ふき肌がひどくなっている時、

肌自体が保湿性能やバリア働きを失っており、

自力で回復するのは困難なため、

保湿するだけでなく、

肌の働きを元から回復させる必須があります。

加湿器もよいですが、洗濯物を室内に干しても湿度は保てます。

30代、40代を対象とした意識リサーチした所、

乾燥が見過ごせないところとして、

すねをあげるひとが60%以上

(そのほかは、腕、背中・腰、ふともも、ふくらはぎ、首など)、

すねの乾かすが、

見過ごせない人の80%以上が粉ふき肌を経験しているそうです。

すねなどのセルフケア剤としては、

ヘパリン類似物質を含むクリームに影響があるようですね。

セルフケアで改善しない時は、早いうちに皮膚科へいき、

正しい薬を使用して、しっとりとした肌を取り戻してください。

保湿成分としては、水分を保持する影響のある細胞間脂質、

セラミド、NMF(お肌の、角層の水分を守っている

保湿物質の1つ)などがあります。

これらを片付けてみると

1.冷たさ、乾かすによって肌細胞の元気がなくなる

2.角質を仕上げるアビリティーが低下する事で、

  乾かすして元気がなくなった。肌細胞が発展できず縮小する時もある

3.年季の入った角質が巧妙に剥がれず堆積して厚くなる

4.肌に柔軟性がなくなり、亀裂が入る。

時があれば、いろいろの化粧水をコットンに染み込ませ、

パックするローションパックもお薦めです。

他にも、鼻の周囲や口元の皮膚が綿密に裂けて、

フケのようになっている、

顔の粉ふき状況も深刻にとらえられているようです。

半身浴が評判になっていますが、

冬場は、風呂場自体を温められる環境でない限りは、

お勧めできません。

肌やすねなど、皮膚の薄いところに使用する時は、

注意深いにすべきで、

直近ででは皮膚科専門医でも、

ペバリン類似物質含有のクリームが数多に派になっています。

粉ふき肌を改善するには、

保湿することです。

肌はデリケートですが、やってはいけない事とわかっているけど、

ついついやってしまいガチです。気おつけるようにしましょう。