Pocket

こんにちは、荒蒔です。

病院の費用削減を成功させるうえで、

真っ先に病院独特のお金の流れを、理解をしなくてはいけません。

採り上げるのは、病院が採用している医療費決済システムの違いが、

必要経費削減戦略に及ぼす影響を解説します。

『出来高払いシステム』と『包括払いルール』病院が供給した、

医療サービスの対価は、査定支払機構を通して、

保険者から支払われます。

このお金が、経営的には病院の収入になり、

社会保障的には医療費と呼ばれます。

この保険者から病院への医療費入金ルールには、

大きく2種類あります。

出来高払いシステムとは、

その病院が用意した医療サービスの量だけ、

医療費が支払われるシステム。

包括払いとは、仕組みその病院が供給した、

医療サービスの量に関わらず、

1日あたり定額の医療費が支払われる仕組みのことです。

実のところには、一つの病院のなかでも、

出来高払いのところと包括払いのところが混在しております。

それでは、全部出来高払い決まりのA病院と、

その逆の、包括払い仕組みのB病院を想定し、

違いは何なのでしょうか?

しかも、両病院とも、がんの薬物治療に特化した、

治療を行っているとします。

私もそうですが、経営者になったら、

利益を最大限化するために、どんな戦略をたてますか?

当然、お客様の困っていることを、解決しなくてはなりません。

【A病院のケースの場合】

薬はできるだけ安価に調達しよう。

その上、できるだけ、たくさんの薬を使って治療しよう!

【B病院のケースの場合】

薬はできるだけ安価に調達しよう。

しかも、できるだけ、少ない量の薬で治療しよう!

調達段階薬の調達段階においては、AB病院ともに同じ、

必要経費なものとして、使用します。

つまり、

1)なにを

2)誰から

3)どうやって買うか

の駆け引きが重要です。

その後の、薬を患者に投与して、

治療する段階においては、

異なる点があります。

【A病院のケースの場合】

薬を使えば使用するだけ、利益が増加しますので、

コスト削減に、結びつきません。

なぜならば、注射に使用する針やガーゼは、

消耗品のため、コスト削減の対象になりますが、

医薬品代と比較しても、小さいため、

コスト削減に繋がりません。

【B病院のケースの場合】

薬の量に関わらず、得られる利益は定額のため、

必要最小限の量で、治療を行う事で、

費用対効果が見込めます。

出来高払いシステムは、必要ないな医療を削減し、

医療費膨張のきっかけの一つになっている事から、

国は、包括払い制度の拡大を、推進しています。

但し、医療サービスが増えすぎて、

反対に医療の質低下を招くので、

包括払いシステムを採用している病院でも、

一部項目については、出来高払いを認めています。

それぞれの医療費支払い制度における、

コスト削減戦略の方向性をまとめると、

次のようになります。

【調達単価の最適化の例】

1)安価なジェネリック医薬品に切り替える

2)医薬品や医療具材の規格を標準化する

3)調達元を一元化する

4)割引率向上の交渉を行う

【総額対成果の最大化の例】

1)ガイドラインや他病院ベンチマークをポイントに、

使用率、使用回数、一回あたり使用量を減らす

2)使用技術に対する院内ルールを一体化し、標準化を図る

病院の支出削減に取り組む場合は、

調達段階と医療サービス段階に分類して、

戦略を思い描くと良いでしょう。

アプローチ先は、前者は、

だいたい資材課や用度課といった事務部門、

後者は診療科や病棟、コメディカル部門になります。

医者、看護師などの医療専門職は、

この医療費決済決まり自体を、

知らない事も多いため、

コスト削減が、できているかどうか?

真っ先に確認いたしましょう。

そうする事で、コスト削減に繋がりますし、

現場から良いコスト削減アイデアも、

生まれやすくなります。

もし、そういったアイディアがあれば、

私にも教えて下さい。

それをまた、ご紹介できればいいなと、

思っております。