Pocket

こんにちは 荒蒔です。

父の懐かしい記事が出てきました。

71年関東学生選手権優勝したころの記事です。

そこで本日は、卓球で、前陣ドライブマンを目ざしていた頃の、

私の練習方法をお伝えします。

今、現在、卓球は科学的に分析する時代なので、

練習方法は変わっているので、そこの所だけ、理解してください。

前陣ドライブマンを目ざして~episode1~ 私の練習

卓球との出会い

「卓球」の画像検索結果

私が卓球を始めたのは、小学校5年の頃でした。

当時は、兄弟で、机を並べ卓球を始めたのがきっかけでした。

本格的に始めたのは、大久保中学(茨城県)へ入学してからのことです。

その頃、指導が熱心の先生がおり、その指導のもとで、練習に励みました。

その頃は、体育館がなかったため、教室の机を、

部員全員で片隅に置いて、練習しておりました。

台が少なく、部員が多かったので、廊下に出て、よく素振りをしたものです。

中学2年のとき、同級生とダブルスを組み、県大会で優勝したのが、初の栄冠です。

その頃は、うれしかったですね。

中学時代は、卓球がただ好きで、夢中になって、日が暮れるまで、

毎日練習をくり返しました。

そして、県下でトップクラスの日立一高に進学し、卓球部に籍をおきました。

中学時代とは、まったく違う練習内容とトレーニングで毎日が、

非常に厳しく、精神的にも、とまどいました。

また、休みの日を利用して、近くの日立製作所へ練習に行き、

左で流し打ちの名手だった選手と、同じサンスポ―の選手、

この2人から指導を受けました。

高校時代は、オールフォアで打ちまくる、先手必勝の卓球の練習をしておりました。

しかし、県内の試合では、私の卓球が通用しましたが、県外へ出ると、

まったく通用しませんでした。

練習量では部内で誰にも負けない自信

高校時代に果たせなかったことを、大学に行って果たそう、

また自分の限界をためそうと、目標を持ち、先輩の勧めもあり、

念願の中央大学へ進学し、卓球部へ入部しましたが、

まわりが強い選手ばかりで、オドオドしておりました。

私の卓球の未熟さを痛感に感じました。

それが、かえって刺激と一つの目標となり、

『よし!?やってやる』と言う気持ちで、

周りの方も、少しでも追いついていこうと、

朝から晩まで、卓球に明け暮れたものです。

関東学生新人戦では、どうにかベスト8に入ることが出来ました。

2年の初めごろから部内リーグでも、上位に行くようになりました。

練習内容は、フットワーク中心に、ほとんどが基礎練習で、

練習量だけは、誰にも負けない自信がありました。

2年の春のリーグ戦で専大の選手と当り、セットオールで負けました。

しかし、私にも、これだけやれるんだという自信がつきました。

その頃、監督からは、

「体力もパワーもないのだから、前陣でプレーするように」

とアドバイスをいただきました。

やはりこれからは、卓球は自分に合った個性を生かして、

フォアドライブと、バックショートによる、

攻守の戦術を身につけようと思ったのです。

2年後に控えた、世界選手権を目標にし、練習に励んでいました。

この時点で、どうしてもショートを多用し、攻撃面で積極さに、

欠けていることに気づきました。

今までの試合の中で、全日本硬式大会で、私の一番苦手がいました。

この試合は、世界選手権の代表選考の参考になるので、無我夢中でした。

1.2セット先手され、3セット目もリードされていました。

中盤から挽回して、フルセットのすえ、勝つことが出来ました。

8決定で、他の選手と対戦しましたが、私の実力では及びませんでした。

この時、選手から、勝負根性や、ボールに対する執念を見て、

精神的にプラスとなり、勉強になったことを覚えています。

卓球オススメ商品

 【KW-016】kaiser 卓球ラケットセットD シェイク【頑張って送料無料!】 

【送料無料】kaiser どこでも卓球セット/KW-020/ 

【KW-021】kaiser 卓球ラケットセット シェイク【頑張って送料無料!】