Pocket

こんにちは 荒蒔です。

前陣ドライブマン を目ざして ~episode2~  私の練習です。

まだ、~episode1~を見ていない方は、こちらをご覧ください。

前陣ドライブマンを目ざして~episode1~ 私の練習

その続きでございます。それで参りましょう。

前陣ドライブマン を目ざして ~episode2~  私の練習

スポンサーリンク

世界選手権の体験をかし、高い打点のドライブ

当時、名古屋で開催された、第31回世界卓球選を権大会に参加し、

ベンクソンに、3 : 0の大差で、先手をあることができず、惨敗いたしました。

「これが世界かぁ~」と思ったことを、今も覚えています。

その後、日中対抗横浜大会で、選手と対戦しても、

前陣速攻の前に破れまりました。

この敗戦で、私の攻めのおそさに気づき、高い打点からのドライブと、

スマッシュが必要だと感じました。

それからは、充実した練習内容とトレーニングの毎日行いました。

また、春のリーグ戰があったため、それを目標に目ざし、

死にもの狂いでがんばりました。

しかし、盲腸炎手術で入院しましたが、

幸い回復が早く、関東学生選手権では、納得のいく成績を残そうと、

今までの教訓をいかして、練習に集中しました。

運よく、関東選手権シングルスで、

初のタイトルを勝ち得ることができたのです。

ショート中心だが、それ以外の練習内容

「ショート 卓球」の画像検索結果

私の目ざす卓球は、ショートをいかした、前陣ドライブマンです。

練習内容は、やはりショート中心の練習を、中心に行いました。

ショートをするとき、

①小さな動きを正確にやること

②台の高さよりも高い位置でラケットを保持すること

③よけいな運動(からだの上下運動)をつけないこと

(もどりがおそくなり,フォア強巧できない)

④フリーハンド(肘の角度を90"ぐらいにして後に引く)に注意すること

⑤台から離れすぎないようにすること

➅体の前でボールをとらえること

⑦重心を高く保つこと

などを頭において練習しました。

いつも同じ位置で、練習しては意味がないので、私なりに工夫して、練習いたしました。

前でショートをしたり、中陣からプッシュ性ショ-卜をしたり、

わざと、ミドルへボールがくるようにして返したりします。

そのほかにも、連続スマッシュを返す練習とか、

1本1本種類の違ったボール(フォアロングードライブ)を送ってもらい、

角度を変えて返す練習をしていました。

中国式グリップに比べれば、フォア攻撃のやりやすい日本式グリップでは、

バックショートの角度が出しにくいのは確かなので、

私はバックショートのときどけ、親指を立てて(サムアップ)、

角度が出しやすいようにしました。

最初のうちは、ショート後フォアへ返球されたボールを打つのに、

指がしっくりいかず、打てないので苦しみましたが、

切りかえ練習や、ショート対ショートから回りこんで、

スマッシュする練習を、多く積むことによって解決できました。

ちょっと意識をかえてやれば、

実戦で役立つショート練習の場は、たくさんあります。

相手がフットワーク諫習のときは、動いて打ってくるいろいろなボールを、

確実に思ったところへ角度を合わせて返す練習。

相手がツッツキ打ちのときは、試合でツッツキから、

スマッシュされたと思い、それを返す練習などです。

相手の練習のとき、自分も練習しているんだと、

言いきかせながらやるようにしています。

特に多くやる練習は、3球目にドライブで攻められたのを返球する練習です。

そのとき注意していることは、肩の力を抜いて(リラクセイション)

上から押えるような気持ちで、また、上述の基本を守ることなどです。

ショートやドライブボールでチャンスボールをつくっても、

結局フォア強打〔高い打点のスマッシュ)ができないといけません。

これからは、ショートに片寄ることなく、積極的なプレーをすることを心がけて、

サーブを持ったら3球目・5球目攻撃をし、レシーブに回ったら、

受身にならず、攻撃できるような、速攻ドライブマンをこれにともなって、

トレーニングも必要性が増しました。

父が昔、陸上競技をしていた関係で、運動選手は足腰がずべてだと、

ロぐせのように言ってたので、ランニンーグを欠かさず30分ぐらい走ります。

それから腹筋と鉄亜鈴を行い、シャドウプレー〔7動作)や、

体の切りかえ〔90度の腰のひねり,180度転回)、

素振り等を行いました。

これからは、もっともっと、筋カトレーニングを、

しなければいけない自覚して、当時は、トレーニングに励んでいました。

今度、どんな相手にも、特に速攻選手やフォア強ドライブと、

バック側ハーフボレーの選手に対しても、自分のプレーが、発揮できるような

強烈なものを、何か一つマスターしたいと思っておりました。

私の好きな言葉は、努力をずれば必ず報われるということを、

常に念頭におき、毎日のきびしさの中で、励んだことを覚えています。

卓球オススメ商品 

【KW-016】kaiser 卓球ラケットセットD シェイク【頑張って送料無料!】 

【送料無料】kaiser どこでも卓球セット/KW-020/ 

【KW-021】kaiser 卓球ラケットセット シェイク【頑張って送料無料!】