Pocket

2013年10月ごろ感染性医療廃棄物専用容器を載せる

ホルダーを、北里大学病院に

持ち込みデモをいたしました。

北里大学病院には、

ペール容器が3種類あり、

共有化できることが条件

です。

そこで、まずはじめに、ペール容器のフタを固定する

3点スライド式固定ネジアームでデモをいたしました。

その理由といたしまして、ペール容器が大・中・小の3種類あり

共有化でフタ固定ができるホルダーを提案いたしました。

私どものホルダーの特徴といたしまして、

             ペール容器を載せる台座が、左右前後に動きます

デモをしつつにつれ、

フタを固定するのに、ネジをいちいち回すのが面倒だ!!

というご指摘を受けました。

そこで、回してネジでフタを固定する変わりに、ネジに変わる

取り外しのできる「ワンタッチで挟めるバネ」の試作を提案いたしました。

ワンタッチ式のバネとは、フタを挟んで、

すぐに取り外しができるという

特徴があり、喜んでいただけました。

しかし、問題点として、ペール容器のフタに補強のツメがあり、

ハメるのに邪魔で、取り付けることが出来ません

そこで特殊の「スリット付きステンレスバネ」を取り付けました。

この商品は、どのようなフタの溝でも対応でき優れものです。

北里大学病院の決定の導入ポイントとして

① ペール容器を載せたホルダーから、段ボール容器を

    使用したいときに「段ボール容器用フタ固定アーム

  の部品交換し、セットして使用することができます。

② 段ボール容器ホルダーは、支柱の上下移動でき、

      なおかつ段ボールを載せる台座が、左右前後に動きます。

 一番喜ばれたところは、

③ 低コストで、耐久性に優れ、長期期間ご使用できる。 

ことです。今、現在ホルダー200台+汚物用ホルダー

50台を納品しております。