Pocket

こんにちは 荒蒔です。

2020年東京オリンピックまで、近いですね。

楽しみですね。卓球も時代なんでしょうね。

YouTubeで、生ライブで試合が見れる。すごい時代になりましたね。

また、卓球も科学的に分析ができ、コーチが一人ひとりついて、

練習ができ、ただただ、羨ましい限りです。

私も、何度もお伝えしましたが、夫婦そろって、世界選手権に出場しておりました。

私の経歴レポートご御覧ください。

それでは、当時、どのような練習方法をしていたかを、お伝えします。

卓球オススメ商品

【KW-016】kaiser 卓球ラケットセットD シェイク【頑張って送料無料!】

【送料無料】kaiser どこでも卓球セット/KW-020/

【KW-021】kaiser 卓球ラケットセット シェイク【頑張って送料無料!】

シェイクハンドが100% 昔の卓球練習方法と現代の違い

昔の卓球・練習方法

「卓球」の画像検索結果

もちろん、当時はパソコン・インターネットがない時代です。

基本練習のくり返しです。

その練習方法は、

サーブを通して、3球目で先手攻撃 5球目・7球目で決めると言った方法です。

また、コースとして、フォーア・バック・ミドルとあり、

自分がサーブを出して、相手にどこに出すかを読み、

相手の弱点を見つけ、先手・先手で攻撃する練習をしていました。

当時の練習場には、クーラーなんてものは、もちろんありません。

今、現在の方から見たら、信じられない光景かもしれませんね。

クーラがないため、黒いカーテンをして、練習をしておりました。

練習時間は、4~6時間。365日休みなく、やっておりました。

夏の時期などは、Tシャツが絞れるくらいの汗をかき、やっておりました。

1日くらい休んでもいいじゃないか?と思う方も、居ると思います。

しかし、1日休むと、1日分の練習量を取り戻すのに、時間がかかります。

プロになるということは、あたり前のことなのです。

シェイクハンド 100%の理由

「シェイクハンド」の画像検索結果

今、現在は、100%シェイクハンドです。

パワー卓球とも言われるようになりました。

当時は、ペンホルダーが支流で、シェイクハンドは、カットマンが使うという時代でした。

中国に勝ったのも、ペンホルダーです。

じゃあ、中国に勝つには、

ペンホルダーの方が良いのではないか?と思う方もいるかも知れません。

しかし、それは違います。

ペンホルダーというものは、角度を自分で調整しなくてはいけません。

そこで、シェイクハンドは、誰でもすぐ持てて、卓球ができます。

ですので、小さな頃から、シェイクハンドを持たせる事が、支流になりました。

今、現在、シェイクハンドが100%の時代です。

1人のコーチが、ボールをたくさん持って、

無差別に、フォーア・バック・ミドルと打ち込み、

どのコースでも、打てる卓球の練習をした方が良いと思います。

ですので、皆様、卓球の応援の方よろしくお願いいたします。

卓球オススメ商品

【KW-016】kaiser 卓球ラケットセットD シェイク【頑張って送料無料!】

【送料無料】kaiser どこでも卓球セット/KW-020/

【KW-021】kaiser 卓球ラケットセット シェイク【頑張って送料無料!】