Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんの派遣の方は、

どんな働きかについて、お伝えします。

「看護師は続けたいけれど、常勤は厳しい…」

「もっと自分に合った働き方を見つけたい」

あなたの、働きやすさを探してみてください。

看護師派遣とはどんな働き方?

スポンサーリンク

看護師派遣として働くメリット

看護師に向いてないかも」を切り替える!(前編)|新人看護師特集 ...

希望条件に合った働き方ができる

派遣の場合は、シフトや働き方など、要望に応じられます。

「資格取得のために週3日しか働いていない」

「育児中のため残業できない」

「夜勤だけしたい」など、人によって、働き方はさまざまです。

「部署で働きたい。」 正社員の場合、人員配置や他の人員との、

バランスを考慮する必要があり、この点で、労働基準が難しくなります。

柔軟な働き方を、選ぶことが派遣のメリットです。

いろいろな勤務先を経験できる

人材紹介会社は大病院に限らず、

小規模病院、市内の診療所、介護施設なども含まれます。

もちろん、就職先を変えると、

仕事が違ってきますので、色々な就職体験をしたい方に、最適です。

将来のキャリアに、苦労している場合は、

短期雇用のさまざまな施設で、働きたいと思うかもしれません。

派遣看護師の魅力の一つは、さまざまな、働き方が実現できることです。

人間関係に悩むことが少ない

派遣看護師さんと職場は、ビジネスのような関係にあるので、

職場での、人間関係を気にする必要がありません。

派遣看護師は、派遣会社から雇われている状態です。

職場で問題が発生した場合は、雇用主に、報告することで、問題を解決できます。

あなたは、ビジネスパートナーから、派遣された誰かと働くことを強制しません。

むしろ、施設について、もっと心配しているようです。

また、支障のない人間関係であっても、

契約が切れれば、職場を辞めることができます。

緊急時にリセットできることは、有期雇用の強みのひとつです。

看護師派遣の3つのデメリット

看護師辞めたい…」とつぶやいたら、周りが意外な反応をしてきた ...

研修や教育といったバックアップがない

多くの場合、派遣された看護師は、すぐに働く必要があります。

そのため、トレーニングや、教育などの備えた職場は、ほとんどありません。

仕事に必要な説明がありますが、基礎的な知識と、スキルがあることを前提としています。

「丁寧に教えて欲しい」

「きちんと訓練を受けたい」など、

就職の条件に、盛り込むことをお勧めします。

契約更新されないこともある

契約満了時に、契約を更新したい場合でも、

確実に、更新できる保証がないことです。

今の職場と関係が満足していて、快適に感じたとしても、

雇用主が、許可しない限り、あなたは、退職しなければなりません。

ただし、契約を更新できなくても、

派遣会社が、新しい職場を、紹介してくれるので、仕事を失うことはありません。

昇給やボーナスがない

一時的に採用している場合は、

契約時に、時給が上がることは、ほとんどありません。

長年の経験があっても、給与が、上がらない傾向があります。

また、契約によっては、臨時従業員が、ボーナスの支給対象外となる場合があります。

キャリアに応じて、給料を上げたい場合や、

ボーナスを、取得したい場合は、医療機関に、直結する正社員を目指しましょう。

4月から同一労働同一賃金

4月から、同一労働同一賃金が始まります。

看護師さんの本音と、

どのようになるか見ていきましょう。

それぞれの看護師さんの意見です。

同時に、時給は、准看護婦と医師の指導の下で、同じだそうです。

ただし、資格手当は、良いことがありました。

研究者、委員会、書記、指導者になりたくないと思い、

仕事を探すときは、アルバイト、派遣社員、派遣社員を探す方が多いようです。

 面接の前に、そのような、活動が、関与していないことを確認してください。

ボーナスだけが必要ですが、必要はありません。 余裕があれば残業。

正社員との給与格差が、大きいのが悩みです。

職場では、異なりますが、人事評価を使用する人もいれば、

資格を、使用する人もいます。

役割に応じて、結果を評価する人もいます。

職場では、ボーナスの基準が異なります。

でも、正社員の給与が、ないところもあります。

しかし、低い基準を、

満たさなければならないのが現実です。

まとめ

いかがでしたか?

看護師さんで、正社員・派遣・アルバイト、それぞれ悩みがあります。

働き方が、選べる時代となってきていますが、

メリット・デメリットを知ることによって、

プラスにもなるし、マイナスにもなります。

また、同一労働同一賃金は、始まったばかりなので、

今後も、解説していきたいと思います。

note:看護師の転職で、失敗しないためのポイントを教えます
オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営  

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】