Pocket

こんにちは、荒蒔です。

今、現在、沖縄での麻疹(はしか)が、流行ってるそうです。

はしかで、沖縄旅行取り消しになったらしく、

323人感染したらしいです。

怖いですね。

その原因の一つは、台湾から沖縄へ観光旅行にやってきた、

たった1人の外国人から始まりました。

たった1人の麻疹患者から、感染が、

拡大してしまうという事が、起こってしまうのです。

麻疹は、知っての通り「空気感染」する、大いに感染力の強い、

ウイルス感染症です。

インフルエンザなどの「飛沫感染(ひまつかんせん)」では、

くしゃみや咳などで、水分を含む重く大きな粒子が飛ぶため、

2m以内でそんなにの粒子が床に落ちてしまいます。

ただし、「空気感染」では小さく軽い粒子が、

ふわふわと空中を長い間浮遊する事で、

同じ個室の中にいるだけでも、

感染する見込みがあります。

麻疹は、われわれが自分の手の届く範囲に経験する、

一般的な感染症の中でも、最も感染力が強いウイルス感染症なのです。

10〜12日程度の潜伏期間を経て、麻疹を発症した初期には、

鼻水、喉の苦しみ、咳などの、風邪のような、

ごく軽い症状だけの頃合があります。

このタイミングには、典型的な高熱と発疹が出現していないため、

たとえ感染症の専門医師であっても、症状だけで、『麻疹』だと、

判断できません。

けれども麻疹は、こういった軽い症状のポイントから、

すでに強い感染力をもっています。

このため、本人も自覚のないまま、

他の人に感染を広げていってしまいます。

麻疹には、発症してから、

直接ウイルスを抑えられるような、治療薬がないのです。

また、重症化すると肺炎や脳炎などを起こす確率があります。

加えて、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という合併症も、ごくまれです。

これは、感染してから、数ヶ月から数年の長い経過で、

徐々に脳神経症状が、進行していくという重い病です。

そして、妊婦が感染してしまうと、早産や死産のきっかけとなる事があります。

麻疹においては、「かからない事が最善の策」です。

それによりには、ワクチン接種によって、

麻疹に対する免疫をつくっておく事が必要です。

現在は、ワクチンの決まった防止接種を、

2回受ける事になっています。

けれども、決まった接種になる昭和52年(1977年)より前に生まれた人は、

また決まった接種となっても、1回接種のみだった人の中に、

十分な免疫をもっていない人が多く残っています。

加えて、ワクチンを2回接種しても、十分な免疫がつかない人もいます。

ただし、こうした人が麻疹を発症しても、その多くは「修飾麻疹」です。

普通の麻疹と比較して軽い症状だけで終わる事が全くです。

しかも今の時代の知見では、この修飾麻疹においては、

他の人への感染力も低くなる事が示されています。

今度のような麻疹のはやるが起こった時には、

ちょっとでも感染した人を早く見立てして、

他の人への感染を防ぐ事が必要となります。

麻疹を発症した人は、「解熱して3日が経過するまで」の期間は、

出勤・登校・登園、あるいは、外出を控えなければいけません。

そして、流行が起こっている地域においては、免疫をもっていない人への、

ワクチンの緊急接種もすすめられます。

麻疹は、たとえ「排除ステータス」となっても、

防止のための対策を継続する事が必要です。

医療関係者の方は、日本の麻疹が、

輸入感染症となっているという事を、

再検証しておくべきです。

ワクチン未接種や1回接種のみだという方は、

流行のないタイミングにも、

ワクチン接種を見定めしてください。

さらに、外国へ渡航する予定の方は、もしも、

麻疹にかかった事がなく、ワクチンを接種していないかわからない場合、

渡航前に、防止接種を受けておく事を、おすすめします。

麻疹のはやるを繰り返さないためには、社会の中では、

『流行しにくい環境』をつくっておく事が、大事と言えますね。