Pocket

こんにちは 荒蒔です。

本日は、感染症に対する基礎として少しお話したいと思います。

新人看護婦さんは、復習の意味も込めて、御覧くださいね。

感染症の発生には、

1)感染源

2)感染経路

3)感受性のある人(感染を受ける可能性のある人)

の3つの要素が必要になります。基本的に、この3つのつながりを断ち切れば、

感染症は予防できます。

それぞれ、どのような予防対策をしたらよいか?見ていきましょう。

amazon書籍 売れ筋ランキング

1位 疫病と世界史 上 (中公文庫 マ 10-1)

2位 疫病と世界史 下 (中公文庫 マ 10-2)

3位 サーファーに花粉症はいない ~現代病の一因は「ビタミンD」欠乏だった!~

基礎知識!!感染症の3要素とその種類

感染源

感染源とは、病気の原因となる微生物(細菌、ウイルス等)などを持つ物や人、

また、汚染された器具や食品、患者等をいいます。

発病者の早期発見と治療、定期的な清掃による清潔保持、適切な消毒など、

感染源を持ち込まない・増やさない対策をとりましょう

感染経路

感染経路とは、病原体(細菌、ウイルス等)が体内に侵入する経路のことで、

接触感染、飛沫感染、空気感染があります。

手洗いの励行、患者の血液、便、嘔吐物等の排泄物には、

直接触れないなどの、標準予防策の徹底及び、感染経路別予防策を行うことにより、

感染症を施設内で拡げない・持ち出さない対策をとります。

感受性のある人(感染を受ける可能性のある人)

「感受性のある人」の画像検索結果

感染を受ける可能性のある人をいい、特に抵抗力の弱い人

(高齢者・乳幼児・基礎疾患のある者)のことをいいます。

抵抗力をつけるためには、十分な栄養・睡眠をとることや、

予防接種などが大切ですと言えます。

また、感染の種類といたしまして、4つありますので、ご紹介いたします。

不顕性(ふけんせい)感染

微生物に感染しても、何も変化が見えない状態で、健康に見えてしまいます。

この場合でも、免疫は成り立ち,その後、同じ種類の微生物に、

感染しにくくなります。無症状感染とも呼ばれております。

潜伏感染 (せんぷくかんせん)

体全体に見られる感染や不顕性感染を問わず、生体に病原微生物の感染が、

成立した後、長期間にわたって、病原体が体の中で、

居続けることをいいます。

病気の状態の例として、水痘と帯状疱疹、梅毒、結核などがあげられます。

菌交代症 きんこうたいしょう

化学療法剤の長期間使用などが原因で、体内に常在する細菌種が、

他の菌種に交代し、細菌自身が変化する現象を菌交代現象といいます。

菌交代現象によって、異常な発育を示した菌種によって、

起る病気を菌交代症といいます。抗結核剤の使用による、

カンジダ症 (真菌症) などがその例です。

日和見感染症 ひよりみかんせんしょう

免疫の働きが低下している時に、健康な人では感染いたしません。

病原性の弱い微生物に感染するします。免疫機能の低下は、

免疫不全症の患者や、がん治療を受けている患者に起こります。

何か今日のブログは、『ここテストに出ま~す』みたいな、

ブログになりましたね(笑)

これて、感染しているのか?いないのか?症状は、

様々あることがわかりますね。

感染で一番怖いのは、いつ・どこで感染したかわからないことです。

私は、医療ホルダーを販売しておりますが、感染に対する知識を皆様に、

知っていただこうと日々、情報発信しております。

これからも、よろしくお願いいたします。

amazon書籍 売れ筋ランキング 

1位 疫病と世界史 上 (中公文庫 マ 10-1) 

2位 疫病と世界史 下 (中公文庫 マ 10-2) 

3位 サーファーに花粉症はいない ~現代病の一因は「ビタミンD」欠乏だった!~