Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です。

今回は夏場かぜの代表格、ヘルパンギーナについてです。

『ヘルパンギーナ!?』聞き慣れない言葉ですよね。

ヘルパンギーナは、高温多湿を好む『コクサッキーウイルスによる感染症』で、

また、難しいカタカナが出てきましたね(笑)

毎年6月から8月にかけて流行りだし、夏カゼとも言われております。

今の時期ですので、ヘルパンギーナについてお話します。

夏の時期でも手洗い・うがいをいたしましょう。

「ヘルパンギーナ」に要注意!?

スポンサーリンク

夏かぜ!?ヘルパンギーナとは?

夏かぜのヘルパンギーナの特徴として、

突然、38度以上の高熱が出て、口蓋垂(のどちんこ)と、

その周辺に1〜5ミリの水ぶくれのような水泡ができ、

それが破れて、膜ができ、水をのみ込むだけでも痛みます。

小さなお子さんを持っているご家庭では、「痛い、痛い」と泣き叫ぶだけで、

潰瘍が水準を満たすまで治るまで、3日くらい食事をとらなかったそうです。

死亡したり、重症の合併症で、後遺症が残ったりする懸念は全くない病とはいえ、

あなたのお子さんが食事をしないことは、不安ですよね。

その上、抗ウイルス薬のあるインフルエンザとは異なり、

ヘルパンギーナの特効薬はありません。

ヘルパンギーナの治療方法とは?

「ヘルパンギーナ 治療法」の画像検索結果

治療は、発熱や頭痛に解熱鎮痛薬を使用するなど、

つらい症状を、緩和する対症療法が中心です。

一般的に、薬を使わなくても、

2〜4日程度で熱は下がり、水泡も1週間くらいで治ります。

しかし、市販の経口保水液や、

イオン飲料を活用するなど、とにもかくにもしきりに、

水分をとって、脱水症状にならないように気をつけたいですよね。

ただでさえ汗をかき、脱水症状になりやすい季節なので、

水分もとれない状態の場合は、早めに医療機関へ行きましょう。

ヘルパンギーナは、大人も感染します

「ヘルパンギーナ 大人 感染」の画像検索結果

このウイルス感染症は、6歳以下の乳幼児に多く、

大人はかからないと思っている人もいるでしょう。

実際のところ、大人の方でも感染いたします

大人の方でも、39度以上の高熱が続くなど、重症化する時が多いからです。

感染は飛沫感染で、空気中に浮遊し、

ウイルスが鼻や喉の粘膜など、付着する事によってうつります。

症状が強く出ている事例が最もうつりやすいが、

回復期でも、2〜4週間は便からウイルスが、検知される事があるといいます。

おむつをしている、乳児がかかった事例では、便の処理にも用心が必要です。

ヘルパンギーナのウイルスは、いくつもの種類があり、

夏バテの、免疫力低下になってしまいますのでご注意下さい。

ヘルパンギーナとよく似た手足口病とプール熱

関連画像

ヘルパンギーナとよく似たウイルス感染症に、前回ご紹介いたしました、

手足口病プール熱(咽頭結膜炎)があります。

手足口病は、口の中だけではなく、手や足にも発疹ができ、

ヘルパンギーナよりも症状が、軽い事が多いのですが、

まれに髄膜炎(ずいまくえん)を同時発生する事があり、

頭痛と嘔吐があったりするので、注意が必要です。

プール熱は、プールで感染する事も多く、

高熱と共に喉の炎症、結膜炎(けつまくえん)を伴います。

プールは、子供のイメージですが、これも、大人も感染いいたしますので、注意して下さい。

真夏は連日の猛暑と、

熱帯夜に加え、帰省、旅行、レジャーに、体力を消耗してしまいがちです。

休暇を取るために、猛烈に業務をこなし、

かえって忙しくなっている、あなたこそ、注意が必要です。

大人がヘルパンギーナなどの真夏かぜにかかりやすいのは、

こうした夏場の疲れから、免疫力が低下している時です。

楽しいイベントが重なる季節でもありますが、寝不足になったり、

疲れを、ためたりしないようにしましょう。

夏場でも、手洗い・うがいをしましょう

「手洗い 」の画像検索結果

夏場は、冷房でよく冷えた室内と外気との、

温度差がかなり激しいために、温度差が激しく、

自律神経が乱れて不眠になりやすくなります。

自律神経を整えるためには、半身浴で憩いしてから寝るのもお勧めです。

一般的なかぜを含めた、ウイルス感染症の予防の基本はやはり、手洗い、うがいです。

特に、こまめに手を洗うことは、科学的にも証明されています。

事例といたしまして、米軍が軍人に、

1日5回以上手を洗うように指導したところ、45%もかぜなどの、

呼吸器感染症の発症率が減ったという事がありました。

夏場だからといって油断せず、石鹸を泡立て指の間や、

手首までこまめに洗うようにすれば、ウイルスや細菌を掃討可能なのです。

どうしても、手洗い・うがいは、どうしても冬のイメージです。

しかし、夏の時期にも様々な感染症があります。

これから、暑い時期でも、手洗い・うがいを忘れないようにしましょう。