Pocket

こんにちは 荒蒔です。

夜勤勤務 毎日の業務お疲れさまです。

新人看護師さんの中で、夜勤をがんばっている方も、いるかもしれませんね。

睡眠で悩んでる方、多いと思います。

そこで本日は、睡眠リズムの上手な調整方法について、お伝えします。

夜勤の睡眠リズムの上手な調整方法

睡眠のリズムが狂う不調

「睡眠 看護師」の画像検索結果

夜勤で、こんな事ありませんか?

「夜勤明けで家に帰ったあと、寝すぎて夜に眠れなくなった……」

「夜勤入りなのに、いろいろ用事をすませているうちに寝る機会を逃してしまった……」

など、夜勤経験のある人は、

一度は、このような状況になった事があるのではないでしょうか。

睡眠がとれないと、業務中に耐えられないほどの、睡魔が襲う事もあり、

非常に、慣れないし、つらいですよね。

看護師さんの中で、夜勤をしているので、睡眠リズムがおかしくなると、

疲れやすくなり、体がだるいなどといった、慢性的疲労の状態になる場合があります。

不規則な睡眠サイクルの繰り返しにより、睡眠のリズムが狂うと、身体的・精神的にも、

さまざまな不調が起こります。

睡眠リズムの調整法あれこれ

「睡眠リズムの調整法」の画像検索結果

「寝る時・起きる時」を調整する睡眠周期は、入眠後に眠りの深い、ノンレム睡眠となり、

その後、眠りの浅いレム睡眠へと移行しながら、平均して、90分のサイクルで、

これを繰り返します。

入眠後3時間は、熟睡度の高いノンレム睡眠が生じてするとされているため、

「なかなか寝つけなかった」

「用事があったため寝るのが遅くなってしまった」

という場合でも、3時間は、睡眠時間を確保するといいでしょう。

深夜明けの時は、仮眠時が夜に近づけば近づくほど、夜間不眠になりやすいため、

14時あるいは、遅くとも15時までに起きるようにします。

他にも、太陽の光を浴びる事で、睡眠調整欠かせないのが、

セロトニンが分泌されますので、起きている間は、

最低15〜20分程度の日光浴を心がけましょう。

音や光をできるだけ、シャットアウトする昼間や夕方から入眠するときは、

周囲の暮らし音などが聞こえたり、太陽の光がまぶしくて寝る時期を逃してしまったりと、

その後の勤務にも影響が出ます。

耳栓を応用する、遮光カーテンを充分にと閉めるなどの創意工夫をしましょう。

眠気がなくても最初に、横になって目を閉じる入眠を、予定していた時になっても、

まったく眠気がないとあせる事もあるかと考えますが、

横になって目を閉じているだけでも、睡眠成果はあるといわれています。

「眠れないから、このまま起きていよう……」と諦めるのではなく、

横になって、体を休めるよう心がけましょう。

睡眠薬の使用する

「睡眠薬」の画像検索結果
関連商品

大正製薬 睡眠改善薬 ネオデイ (ネオディ) 12錠 寝つきが悪い 眠りが浅い

【第(2)類医薬品】ウット(12錠)

【第(2)類医薬品】ドリエル(12錠)【ドリエル】

睡眠薬の使用も検討して、

「起きられなくなると怖い」

「クセになるのが怖い」

などの様々な理由から、必ず睡眠薬は、飲まないという方もいます。

その一方で、睡眠のサイクルが狂う事の弊害が高くなる事もあります。

夜勤明けで、一度寝てしまうと夕方まで起きられず、

夜間眠れなくなる事が、多くあります。

不眠が翌日まで影響を及ぼし、祝日が無意味になったり、

体に不調をきたしたり、いった事もたびたびあったので、

睡眠導入剤を飲んで、調整する方もいます。

薬に頼らず、自力でがんばる事も、価値があるですが、どうしてもという場合は、

睡眠導入剤の使用を、検討してもいいと思います。

夜勤業務は体への負担が大きいもの。

十分な睡眠をとらずに無理をしてしまうと、

体が不調になってしまいますので、気おつけて下さい。

まとめ

元気に夜勤業務を行うためにも、上手な睡眠リズムを身に、つけられるようにしましょう。

それはないよりも、徐々に慣れていくしかありません。

新人看護師さんで、慣れない夜勤ですが、頑張っていきましょうね。