Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんには、正看護師、准看護師の二種類ありますよね。

正看護師は、国家資格免許

准看護師は、都道府県知事が発行する免許です。

准看護師は、中学校の卒業資格があれば、

准看護師養成所に通い、資格を取ることができます。

正看護師と違い費用が少なくて済むため、

また、街のクリニックなどで、患者さんのサポートを目的として

近年では、社会人や主婦になった後に、

准看護師の資格を、取る人たちが、増えてるそうです。

そこで本日は、准看護師について、述べたいと思います。

子育てが落ち着いたから、准看看護師として働いてみる選択

スポンサーリンク

求人が多いのは、病院よりクリニックです

「クリニック」の画像検索結果"

資格取得後や、休職明けに就業先を探そうと求人に応募したり、

面接を受けたりするかと思いますが、なかなかうまくい

悩んでいる方、多いのではないでしょうか?

准看護師の場合、就業先を病院だけに絞るのではなく、

ほかの施設も、働く先が見つかることがあります。

例えば、クリニックでは、人件費を抑えるため、

正看護師よりも、准看護師を、多く積極的に雇っているところがあります。

また、介護施設では人手不足のところも多く、

准看護師の需要も、高まっているのが現状です。

働き方は、正社員として、勤務することはもちろん可能ですが、

家事の両立を考えて、非常勤であるパート勤務を選択しましょう。

看護師の数が少ない、クリニックでは、

急な休みを取ることは難しいかもしれません。

しかし、夜勤なし残業が少ないところが多く、

日勤のみで働くこともできます。

介護施設も同じで、夜勤ありの場合でもシフト制を、

導入している施設がほとんどのため、

自分のプライベートが増えますよね。

准看護師にとって、パート勤務は、

一番働きやすい環境ではないでしょうか。

今からでも遅くない。資格取得はできます。

准看護師と正看護師は、学校や勉強の年数が違います。

そのため仕事・給与に差も出てきます。

それは、仕方がないことです。

原則的に、正看護師は医師の指示のもと、

患者のケアや診療の補助を行いますが、

准看護師は、必ず医師や正看護師からの指示を受けなくては、

動くことができません。

仕事内容に関しては、正看護師と変わらないことをしますが、

准看護師の時給は、正看護師よりも低く、

出世もあまり望むことができません。

准看護師は、デメリットしかないのではないかと、

落ち込んでいる方いるんではないでしょうか?

しかし、メリットも、もちろんあります。

まず正看護師・准看護師の資格を取るのに、

年齢制限はありません。

准看護師の場合は、学校に通う年数が少ないため、

費用を抑えることができます。

そして、学校に通いながら働くことができるため、

午前中は病院、午後は学校というスケジュールで、

働くことができます。

勉強をしながら、お金を稼ぐことができるということで、

家庭を持つ人や、子育てが落ち着いたから、

資格取得に、励もうと思っている人に、

とっては嬉しいことですよね。

そのため、30代、もしくは40代であっても、

学校に通い始める人は、大勢います。

准看護師でも、負けておりません

「准看護師」の画像検索結果"

准看護師ですが、勉強や自分のやる気次第によって給与は上がり、

新人の教育にも、携わっている人もいます。

しかし、正看護師との、差が気になる人は、

准看護師からの、キャリアアップに挑戦してみましょう。

再び学校に、通うことになりますが、全日制の看護学校や、

通信教育以外にも、定時制看護学校があります。

ここであれば、准看護師として、働きながらに通うことができるため、

大変ではありますが、収入を得ながら勉強をすることができます。

ただし、准看護師から、正看護師になる際には気をつけなくてはなりません。

病院によっては、准看護師として働いたキャリアが、

無効になってしまうこともあります。

正看護師へ、キャリアアップしたいなら、

必ずそのことを考えてから、資格取得後の就業先を探しましょう。

准看護師は、正看護師に比べると年々、資格取得者が、

少なくなっているのをご存知でしょうか?

しかし、今後、高齢者が増加していくと、

病院だけではなく、介護施設などで、

働く看護師がもっと必要となり、

准看護師の求人応募も多くなります。

年齢を重ねても、活躍することは可能です。

また、さまざまな施設・時間で活躍できるため、

高時給のパートとして、准看護師で働くことを、

今一度、考えてみてはいかがでしょうか。

オススメ転職サイト

新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ!サイト⇒マイナビ看護師 

対応のスピードや交渉力で選ぶ!⇒ナース人材バンク

サービスの充実度で選ぶ!⇒看護のお仕事