Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

朝晩冷えてきていますよね。風邪ひいていませんか?

その日に風邪をひいたとき、鍋など栄養のあるものをスーパーで買って、

薬局で薬と栄養剤を買って、とにかく寝る。この流れが普通ですよね。

しかし、風邪をひいたとき、市販の薬だけで治る方もいます。

それでも、治らない場合は、病院へ行く方が多いと思います。

ここで疑問に思うことは、市販の風邪薬と、

病院の薬は、違いはどこにあるのでしょうか?見ていきましょう。

医師・薬剤師が風邪をひいたとき薬を飲まないて事実

そもそも風邪て何?

「風邪」の画像検索結果

風邪の主な原因は、80 – 90%が複数のウイルス感染です。

症状は、「風邪症候群」と表現されます。

微熱、頭痛、発熱、悪寒、鼻汁の過分泌、咳、などがあげられます。

医師の方に聞いてみると、風邪程度だと、

市販の薬を飲まないほうが、治りが早いということです。

市販の風邪薬には、有効な薬はないということです。

風邪の考え方として、

■ 風邪は、自然に治るもので、薬で治るのではない。

■ 普通は3~7日で治るが、14日程度かかる場合も。

■ ほとんどがウイルス感染で、ただし、

  インフルエンザを除いて、有効な抗ウイルス薬は存在しない。

■ 抗菌薬(抗生物質)はかぜに直接効くものではない。

発熱は一種の生体防御反応であり、人の体というのは、

あえて体温を高めることで、免疫力を上げているということが大切です。

市販で売られている風邪薬は、直すものではない事実

「市販の薬」の画像検索結果

じゃあ市販の風邪薬はどうなるんだよ!?

と思った方も多いかもしれません。

一般的にドラックストアなどで販売している【風邪薬】とは、

風邪の症状を、

緩和するための薬であって、治す為の薬ではない

ということです。

たとえば、

・熱を下げる

・咳を止める

・くしゃみ鼻水を出なくする

など、色々ありますが、よくよく考えてみて下さい。

風邪を治すとは書かれおりません。

逆に、市販の風邪薬で治そうとすると、逆効果になる場合もあります。

市販の風邪薬を飲んで早く治そうとすれば、

さらに身体がだるくなり、発熱なども生じます。

市販の薬は、複数の症状に対応した薬が、配合されているため、

軽度な症状のときに飲むと、副作用が強く生じ、

逆効果につながることがありますので、ご注意ください。

では、本当に風邪を治すにはどうしたら良いの?

関連画像

それでは、本当に、風邪を治すにはどうしたら良いのでしょうか?

基本は、十分に睡眠をとることです。

あとは、自分自身が、本来持っている身体を自己回復させる能力を、

どのようにすれば、高めていけるかを考えるだけです。

次の事を実行しましょう。

■睡眠を十分にとる

■身体を温める

■栄養を摂る

■市販の薬で炎症を抑える

市販の薬は、炎症を抑えるサブ的な、役割となります。

4日続けてそれでも、治らない場合は、

一度、病院の方へ受診することをオススメします。