Pocket

こんにちは、荒蒔です。

看護師さんが働く上で引っかかる問題として、妊娠中、出産後でも、

仕事を続けられるのか?という不安を持っている方もいるでしょう。

このところ、前のブログで、男性看護師も増えていることも、

お伝えしましたが、看護師はまだまだ女子が多々ある職業です。

日本と海外の看護師の現状!?男性看護師も活躍

女が働く上で、結婚や妊娠、出産は大きな

ターニングポイントとなりますよね。

これらを機会に、仕事を辞めたり、

転職したりする看護師さんも多々あるんです。

看護師は女子の職場なので、一般会社と比較して、

産休や育休などの福利厚生が、整っているところは、

多々あるのですが、

妊娠中もどんだけ産休や育休が整っていても、

妊娠中に仕事ができなかったら意味合いないですよね。

一般的、妊娠したら職場に報告するのは、

安定期に入ってからだと考えます。

でも看護師の時は、できるだけ早く、看護師長や上司に報告するのが、

妊娠中も仕事を続けていけるかどうかは、大きなポイントです。

看護師は女性が多い職場ですし、医療職者ですから、妊婦に対して、

理解があるところがほとんどです。

妊娠したとわかれば、夜勤は入らずに、

日勤だけのシフトにしてくれたり、

業務の中身も、わりと楽なものにしてくれたりと、

たくさん配慮してくれるはずです。

また、妊娠している看護師が心配な事は、

レントゲンやCTなどの放射線と、

言われております。

仮に、働いている部署が、CT室や救急外来、

心臓カテーテル検査室など被爆量が多そうな部署の時、

異動希望を出してみるのも良いでしょう。

看護師さんは、何度も言いますが、ハードな業務ですが、

女性が多い職場からこそ、妊娠中でも、業務が続けられるように、

周囲の協力が必要ですね。

産休直前でお腹が大きくなり、あまり動けない時は、

看護部配属となって、病棟勤務ではなく、

事務の業務をさせるくれる病院もあります。

妊娠中は、なにがなんでも体が大切です。

妊娠前と同じように働くのは、やはり無理がありますが、

看護師の業務を続ける事はできます。

「みんなに迷惑になるから」と遠慮せずに、

職場や同僚の協力を得て、

妊娠中も看護師の業務を続けましょう。

また、子育て中でも、妊娠や出産を機会に、

一度看護師を辞める人は、多いと思います。

それでも、出産を機会に、辞める人が多々あるのは、看護師の時、

一度辞めても再び看護師として働く事ができますし、

業務がハードで、育児との両立がうまくいかないと、

考える人もいるでしょう。

では、子育て中の看護師さんは、働く事ができないかというと、

決してそのような事はないのです。

配偶者や身内の全面的な協力が得られれば、

出産前と同じ環境で働く事は、

十分にできますし、身内の協力を相当得られない事例でも、

子育てをしながらでも働ける職場はいろいろあります。

育児中の看護師さんにおすすめの職場は、

24時間OKの託児所が併設されている病院です。

近頃、託児所が併設されている病院がどんどん増加していますので、

そのような病院に転職すると良いですよ。

病院外の保育園に、子供を預ける事もできますが、

やはり、自らの職場の直ちにに、近くに子供を預ける事ができれば、

安心して業務に集中できますよね。

また、外来やクリニック、介護施設など日勤だけの業務に、

転職するのも良いでしょう。

日勤だけだったら、保育園の選択の余地も空間ますし、

日勤だけの業務の時は残業も少ないですから、

子供の世話と家庭の両立もできます。

看護師が子育てをしながら働くのは、難しい場合もありますが、

職場をしっかりと選べば十分にできるます。

いったん業務を辞めてしまえば、

子供の世話が一段落して復職する時に、

転職先の選択の余地が狭まってしまいますので、

育児後の看護師キャリアを考えれば、

転職して子供の世話と両立させながら、

働いたほうが良いと思われます。