Pocket

こんにちは 荒蒔です。

ビジネスもそうですが、何事もお客さんに、信頼されなくてはいけません。

しかし、信頼を得るためには、時間と努力が必要です。

それでは、看護師さんは、患者さん(お客様)の信頼を得るには、

どのようにしたら良いのでしょうか?

今回は、患者さんと信頼関係を築くための、上手なコミュニケーション術をご紹介します。

看護師さん オススメ本

看護師・看護学生のためのレビューブック 2019 [ 岡庭 豊 ]

できるナースと言われるために 3年目までに知っておきたい100のこと

ズルいくらいに1年目を乗り切る看護技術 [ 中山 有香里 ]

悲しいくらい人に聞けない看護技術 ズルカン2年生

患者さんから信頼される看護師さんとは?

「看護の基本」を徹底することが重要

やはり、患者さんから信頼されるには、看護師としての基本を徹底することが大切です。

今、現在、頑張っている新人看護師さんの方、今、学んでいることが大切ですので、

「辞めたい」と思わず頑張って下さいね。

それでは、具体的に、どれほどの点に気をつければよいのでしょうか。

患者さんと交わした約束を守る

一番目に気をつけたい点は、患者さんと交わした約束を守る事です。

「○○時に薬を持っていきますね」など約束をしても、忙しく働いていると、

その時通りに行く事が、極めて難しいときがあります。

やむを得ない面もありますが、患者さんとの約束を守れないと、

患者さんの辛さ・気持ちを理解していない看護師だと思われ、

信用してもらえないかもしれません。

予定外の事が起こり、約束の時に遅れたという時は、

丁寧な謝罪をして、患者さんの話をちゃんと伺うようにしましょう。

絶対に、ウソを言ったり、いいわけするのは、やめましょうね。

患者さんが必要としている事を、先読みしましょう

忙しく働く看護師の姿を見て、自身の要望を言い出せない患者さんは少なくありません。

この点に配慮して、患者さんのお願いを先読みすれば、信用してもらいやすくなります。

患者さんの暮らしリズムを、掴むことが重要です。

これを行うことによって、

『患者さんのことを常に考えているんだな』と信頼に繋がります。

常日頃から顔を見せる

できるな限りで顔を見せる事も必要です。

顔を見せる回数が多ければ、コミュニケーションをとれるチャンスは多くなります。

患者さんと廊下ですれ違う挨拶や、「リハビリ頑張っていますね」などと、

一言声かけをする事で患者さんとの距離が縮まっていきます。

そうする事で、話が不得意な看護師さんでも、

患者さんの事を気にかけている事を、伝える事ができます。

患者さんが話す事がない場合は、無理にコミュニケーションをとらず

「話したいときはいつでも声をかけてください」と伝えておくと良いです。

患者さんの困っている事を一緒に解決する

患者さんが困っていたら、一緒に解決してあげましょう。

例えば、「○○に困っているからリハビリの先生に相談しませんか」などです。

患者さんが抱えている問題を解消する事でも、信頼に繋がります。

患者さんの生活歴を聞いてみる

短期間で患者さんと打ち解けたい方は、

患者さんの生活歴を聞いてみると、よいかもしれません。

自身の歩んだ生活を話す事で、患者さんは心を開きやすくなります。

「どのような仕事をしていたか?」「子供の頃はどうだった」など、

患者さんへの理解が深まります。

理解が深まれば、深まるほど、より信頼の得れる看護師さんになるでしょう。

信頼関係を深めるきっかけになるので、患者さんが嫌がらなければ、

生活歴を聞いてみるのも良いと思います。

いかがでしたか?あたり前のことかもしれません。

しかし、この当たり前がなかなかできないのが現状です。

この当たり前が、自然とできることにより、職場の信頼にも繋がるのです。

コミュニケーションが苦手と感じている看護師さんも、

最初に挨拶や顔を見せる回数を増やして、話す機会を増やす所から、

やってみても、良いかもしれません。

看護の基本に立ち返り、上手にコミュニケーションをとりながら、

患者さんに安心して、治療を受けてもらえる環境を提供できるといいですね。

オススメ転職サイト

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師

2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事