Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

看護師という職業は、とても毎日忙しいですよね

しかし、患者さんの話が止まらなくなってしまった

こう言う時、どのように対処すればいいのでしょうか?

患者さんを無視するわけには、いけません

必要な話が終わっても、話し続ける患者さんに対して、

どうすればいいでしょうか?

この、解決法をお伝えします。

患者さんの会話が止まらない時の対処法

スポンサーリンク

患者さんの会話が止まらない理由

患者さんの話を聞くときの位置について|看護師ライフをもっとステキに ナースプラス

患者さんの中には、

「自分の話を聞いてほしい」など

会話を聞いてほしい、患者さんがいます

どういう理由があるか?見ていきましょう

生理的欲求が満たされていない

生理的欲求とは、人間が生きるために必要な、

食物、睡眠、排泄などに対する欲求を指します。

人は「生理学的欲求」が満たされない限り、満たすことができません。

したがって、最初に、

患者の生理学的欲求が、満たされているかどうかを、確認してください。

会話が長い患者の背景を聞いてみると、

睡眠不足、尿失禁、便失禁など、生理学的欲求が、

満たされない場合が、ありますので、

患者さんに、少し耳を傾けてみてください

精神的に弱っている

会話してくる患者さんは、

「ただ話したいだけの人」と思われがちですが、

「私たち、看護師は忙しいので」

と強めに言うと、精神的に傷つくことがあります。

会話が止まらない状態は、

相手の状況を、客観的に判断できない状態と言えます。

つまり、忙しい看護師との会話を、

長い間やめていることに気づかず、

自分の事で、いっぱいになっている状態です。

これを防ぐには、患者さんの精神状態を、

よく理解してあげることが大切です

身体的な症状でつらい

入院している患者さんは、

病気を抱えており、その症状で、つらい場合があります。

たとえば、骨折部位が痛みを伴う場合、

癌性の痛みに苦しんでいる場合、

または身体的苦痛からの助けを、求めている場合があります。

そのような場合は、「時間がないので切り上げる」のではなく、

「身体症状の軽減」に重点を置き、

必要な情報を収集し、先輩看護師やチームとの対応を考えましょう。

また、認知症の高齢者は、身体の症状を言葉で、

うまく表現できない、患者さんもいますので、注意してください

あらかじめ対応できる時間を伝えよう

それでも話が止まらない場合は、

時間を決めて、対応するようにしましょう。

 ただし、患者さんが精神的に、弱ってる場合、

コミュニケーションに、時間をかける必要がある場合があります。

その判断が、難しいようであれば、

先輩の看護師または、チームメンバーに相談しましょう

患者さんの様子を見ながら、適切なコミュニケーションを

患者さんの家族との良好な関係づくりの方法|看護師ライフをもっとステキに ナースプラス

話をやめられない患者さんには、看護師が率先して会話をし、

事前に対応できる時間を、教えてくれます。

コツをつかめば、自然にコミュニケーションを終わらせることができます。

まとめ

いかがでしたか?

これらの患者の中には、

肉体的、精神的、社会的苦痛を抱えている人もいます。

「話の長い人」などの患者さんを、解雇するのではなく、

先輩看護師やチームの力を借りて、

適切な対処をしていきましょう。

電子書籍2冊+無料レポートの3大特典

⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師 転職攻略法note 

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント