Pocket

こんにちは 荒蒔です。

薬の副作用って?副作用とは、

通常起こるべき薬の影響以外におこる症状をいいます。

花粉症などでアレルギーの薬を飲むと、鼻水は止まるけど、

眠くなってしまう、などが良い例です。

アレルギー症状の改善以外に、中枢神経にも薬が働き、

副作用として眠気がおこるという訳です。

市販薬を買うと、使用上の配慮が同封されていますが、

きちんと読んだ事がありますか?

飲む量以外は自身には結びつきない、

漠然と読んでいない人が多々あるのではないかと思います。

けれども、実のところ具合の移り変わりを感じた事例に、

書かれている副作用の事を知っているのと、

知らないのでは、その後の扱ってが全く相違ます。

軽い副作用で済むのか、重篤な病に進歩してしまうのかは、

知っているか、いないかに関わっているのです。

副作用か如何にか決断可能なのか

薬を飲み開始出来たらどうも胃の調子が悪、

こんな事例薬のせいなのか、他の要因なのか

如何に決断したら良いのでしょうか?

腹積もりられるきっかけとしては、

「薬の副作用」・「たまたま具合が悪くなった」・「心理的なもの」

などがあります。

実のところに副作用か如何にかは、

その薬でおこる確率がある副作用か、

飲むたびにおこるのか、使用をやめれば改善するのか、

他の要因はないのか、など総合的に見極めなければなりません。

いずれにしても、医者や薬剤師により決断がされ、

薬の量を変更したり、薬自体を変更したりします。

引っかかる症状があったら、

真っ先に医師や薬剤師に話し合いするべきです。

症状がわかりやすい副作用もし、薬を飲んだ後に、

以下のような症状が現れたら副作用を疑って、

かかりつけの医師に話し合いしてみましょう。

薬を服用してから数分、もしくは3〜4日までの間に、

体のたくさんなところに湿疹が現れます。

尿や便の移り変わりビタミンBを服用すると、

尿が濃い色になりますが、

それ以外の薬で尿の色が褐色や茶色に変わったり、

尿の量が減ってしまいます。

局所の抗生物質では、便がゆるくなり、

下痢や咳止めの薬の中には、

便秘になってしまうケースもあるのです。

・不眠や眠気などの睡眠障害アレルギー薬や風邪薬、

筋肉を和らげる薬、心もとないを和らげる薬などで、

眠くなる事があります。

しかも、部分の鎮痛剤や喘息の薬では、

不眠の症状がでる事もあります。

・風邪に似た症状が長引く運動もしておらず、

風邪でもないのに、筋肉痛や関節痛が続いてしまう。

しかも、部分の高血圧薬には、赤ら顔や咳が出てしまう事もあります。

・ショック症状薬を飲んで、苦しくなったり、

失神やかゆみが出て、ショック症状をひきおこします。

薬に対するアレルギー反応があります。

副作用を防ぐには副作用を防ぐには、自身の意識も大事です。

●決められた用法用量を守る

●自身で他に飲んでいる薬や副作用の経験など、

整然と記録して 医師や薬剤師に伝え

●用心すべき副作用などの解説を整然と受ける

●市販薬であれば、使用上の用心をよく読む

●「何か変だ」と感じたら、直ちに、

医師や薬剤師に連絡し、指示を あおぐ 高熱を伴い、全身の皮膚、口、目の粘膜に発疹・

赤くなる、やけどのような水疱(すいほう)が現れます。

治療が遅れると、失明する事もあります。

薬を飲みスタート出来て、気に掛かる症状が出てきたら、

処方薬の事例は、医師に、市販薬の事例は、

薬剤師に早めに相談するようにしましょう。

しかも、薬を飲んで副作用がでた時は、

その薬の名前を絶対覚えておいて、

次回薬が必要になった場合、

医者や薬剤師に絶対伝えるようにしましょう。

今頃では、薬に対する体質検査なども可能なので、

一度弱い薬剤の種類がないか、

検査してみるのも良いかもしれません。

加えて、市販の鎮痛剤などを飲んだ事例、

成果が出ないからといって、使用量を増やしても、

成果が高まるより、副作用の危険性が高まる事を、

ちゃんと憶えておきましょう。